看護学部看護学科

ポリシー・教育目標

アドミッションポリシー

  1. 看護への意欲をもつ人
  2. 人間性豊かなコミュニケーションを大切にする人
  3. 数理的課題を解決する基礎力をもつ人

カリキュラムポリシー

  1. 4年間の教育を通じて看護職に必要な基礎的能力から看護実践に必要な総合的かつ専門的な知識と技能が修得できる教育課程を編成する。
  2. 学生一人ひとりが人間的に成長すると同時に、看護に求められる豊かな人間性と問題解決力の基本を育成する全学共通並びに学部共通科目群を配置する。
  3. 高度な医療と地域の看護に従事できる実践力を育成する看護学領域の科目群を配置する。

ディプロマポリシー

  1. 豊かな人間性を有し、看護職者に必要な品性を備えている。
  2. 看護実践に必要な専門的知識・技術を修得し、それに基づいた判断力と課題解決力、対話による合意形成力を有する。
  3. 保健・医療・福祉・教育などの他職種との連携を図り、いつ・どこでも・誰にでもケアが提供できる基礎的能力を有する。
  4. 地域の特性と健康課題を探求し、実践できる能力を育成する。

教育目標

看護を要する人々のために、また、市民の健康を守るために、自らを律し、チームの中で主体的に考えながら、実践することができる、凛とした専門職女性を育成することを目標とする。

PAGE TOP