音楽学部

教員紹介

山本 まり子 (Mariko Yamamoto)

音楽学

職 位:教授

学 位:博士(人文科学)

■主な担当科目

学部
西洋音楽史 /音楽キャリアデザインⅠ/声楽史 など

大学院
前期課程:音楽文化研究Ⅰ / Ⅲ、課題研究(修士論文指導)
後期課程:文献原典研究

■専門分野

音楽学(18〜20世紀のヨーロッパ音楽、特にドイツ語圏の声楽作品の研究)
研究テーマ:グスタフ・マーラーの作品研究/ロマン主義オペラの研究

■略 歴

国立音楽大学声楽学科卒業後、お茶の水女子大学大学院修士課程(演奏学)修了。同大学院博士課程(音楽学)単位修得満期退学。 DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてハンブルク大学音楽学研究所に留学。博士(人文科学)[お茶の水女子大学]。

お茶の水女子大学非常勤講師、東京学芸大学非常勤講師等を経て、聖徳大学に着任。聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)音楽研究センター長兼務。

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所招聘研究員。日本声楽家協会理事。

国際グスタフ・マーラー協会、日本音楽学会、日本音楽教育学会、日本独文学会、日本ヘンデル協会 他、会員。

■主な研究業績

▽著書、論文

2019「ドビュッシー歌曲研究の今日的課題 —音楽学と演奏学の接点を探る—」『音楽文化研究』第18号(単著):59-66. 

2018「グリム、ベヒシュタインからマーラー《嘆きの歌》へ―伝承文学に基づく創作の出発点―」『聖徳大学研究紀要』第28号(単著):81-88.

2018「《葬礼》から交響曲第2番第1楽章へ至るマーラーの作曲過程と演奏実践におけるテンポの関係―最後の5小節を手掛かりに―」『音楽文化研究』第17号(単著):7-13.

2017『キーワードで読む オペラ/音楽劇 研究ハンドブック』(共著)丸本隆ほか編、アルテスパブリッシング.

2014『ヴァーグナーの舞台作品におけるドラマ性』(共著)稲田隆之編、日本独文学会研究叢書105.

2014『グリム童話とドイツ伝承文学における父親像と母親像』(共著)野口芳子編、日本独文学会研究叢書102.

2013『超域する異界』(共著)大野寿子編、勉誠出版.

▽曲目解説、対訳

2020年6月「マーラー/交響曲 第9番 ニ長調」NHK交響楽団第1944回 定期公演 Aプログラム(公演中止につきNHKホームページに掲載).

2020年1月「マーラー/交響曲第2番 ハ短調「復活」」『フィルハーモニー』92(1): 8-9.

2019年6月「マーラー/こどもの不思議な角笛」「ニルセン/交響曲 第2番 ロ短調 作品16「4つの気質」」NHK交響楽団 『フィルハーモニー』2019年6月号:6-8.

同上【対訳】「マーラー/こどもの不思議な角笛」同上:9-18.

2018年10月「ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」」「マーラー 交響曲第1番「巨人」」NHK交響楽団  『フィルハーモニー』2018年10月号(第90巻7号):11-13.

2018年5月10日 解説およびプロデュース「ドビュッシーの歌曲創作~演奏曲に寄せて~」 演奏会『-クロード・ドビュッシー没後100年記念-Apparition 出現』

2017年7月「細川俊夫 《嘆き》」東京交響楽団『Symphony』2017年7月・8月号: 14.

同上「マーラー 交響曲第2番 ハ短調「復活」」東京交響楽団『Symphony』2017年7月・8月号: 15-16.

2017年4月「マーラー 交響曲第1番 ニ長調「巨人」NHK交響楽団 『フィルハーモニー』2017年4月号(第89巻3号):24-25.

2017年2月22・23日 N響横浜スペシャル|パーヴォ・ヤルヴィ指揮 マーラー「悲劇的」プログラムノート.

2016年9月8日 N響90周年記念特別演奏会|マーラー「一千人の交響曲」プログラム冊子曲目解説.

2016年2月「マーラー 亡き子をしのぶ歌」NHK交響楽団『フィルハーモニー』2016年2月号(第88巻2号):8.

同上【歌詞対訳】「マーラー 亡き子をしのぶ歌」同上:9-12.

2015年11月「マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調 ─ アダージェット」NHK交響楽団『フィルハーモニー』2015年11月号(第87巻8号):14.

同上【歌詞対訳】「マーラー リュッケルトによる5つの歌」同上:17-20.

2015年10月「マーラー 交響曲第2番 ハ短調「復活」」NHK交響楽団『フィルハーモニー』2015年10月号(第87巻第7号):18-19.

■ひとこと

音楽学部を目指す方へ:

 好きな音楽を4年間徹底的に勉強してみましょう。その中から、自分が本当にやりたいことは一体何なのか見えてくるはずです。

大学院を目指す方へ:

 声楽作品の研究を中心にサポートしています。問いを解決するまでの道のりを丁寧に歩んで、人に伝わる論文を書きましょう。

2021年4月4日更新


PAGE TOP