音楽学部

音楽学部・大学院音楽文化研究科の「第22回定期演奏会」が無観客で開催されました

20.12.13

12月5日(土)、聖徳大学音楽学部と大学院音楽文化研究科の学生・院生から選抜された8名による「第22回定期演奏会」が、感染予防を最優先とした無観客で開催されました。

学生たちは、コロナ禍の中、通常の音環境と練習時間を確保するために多くの苦労を乗り越え、本番を迎えました。当日は、あらためて音楽の大切さを実感させる熱演が次々と繰り広げられました。

 クリックすると拡大表示

当日の出演者と演奏曲目は以下の通りです。
プログラムPDF版

演奏写真:佐久間 篤
※画像のみを抜き出してSNS等で共有するのはご遠慮ください。

―――――――――――――――――――

1.独唱
山﨑 葵(博士前期課程1年)
ピアノ:鳥井 俊之(教員)
G. プッチーニ:歌劇《ジャンニ・スキッキ》より〈私の優しいお父さん〉

―――――――――――――――――――

2.二重唱
松丸 葉月(博士前期課程1年)
藪内 俊弥(教員)
ピアノ:鳥井 俊之(教員)
A. モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》より 〈あそこで手を取り合って〉

―――――――――――――――――――

3.独唱
川並 和香(博士前期課程1年)
ピアノ:鳥井 俊之(教員)
G. プッチーニ:歌劇《ラ・ボエーム》より〈私の名はミミ〉

―――――――――――――――――――

4.クラリネット独奏
金子 小夜(器楽4年)
ピアノ: 中村 あゆみ(器楽4年)
F. クロンマー:クラリネット協奏曲 変ホ長調 作品36 第1楽章

―――――――――――――――――――

5.パイプオルガン独奏
園田 綾香(博士前期課程1年)
マルシャン:《オルガン曲集 第3巻》より 〈グラン・ディアローグ〉

―――――――――――――――――――

6.ピアノ独奏
金井 遥(器楽3年)
A. スクリャービン:ピアノソナタ 第2番 嬰ト短調 「幻想ソナタ」 作品19

―――――――――――――――――――

7.ピアノ独奏
中村 あゆみ(器楽4年)
M. ラヴェル:《鏡》より
1.蛾  4.道化師の朝の歌  5.鐘の谷

―――――――――――――――――――

8.ピアノ独奏
山中 優美(博士前期課程2年)
F. ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 作品52

―――――――――――――――――――

今回は感染予防対策として消毒液・除菌シートなどステージ袖にも置かれ、演目ごとに楽器の消毒も行われました。

また客席ドアも開放され、ホール内の換気も行われました。

舞台の袖で待機する学生たちも、舞台登場の直前までマスク姿。

各出演者は、「このような状況下でしたが、演奏会に参加でき、とても良い経験と思い出が出来ました。無観客で客席の反応が感じられないのが残念でしたが、これからの勉強に繋げたいと思います。」と語ってくれました。

お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

____________________

音楽学部の受験生応援情報は こちら 
資料請求は こちら 

PAGE TOP