音楽学部 演奏学科 音楽総合学科

音楽総合学科各コースで卒業研究発表会が行われました

18.02.05

先日、音楽総合学科の音楽教員養成コース、音楽療法コース、音楽指導コースでは、12月に提出された論文等の卒業研究の発表会がコースごとに行われました。どんな様子だったのか、各コースからご報しましょう。

音楽教員養成コースの卒業研究発表会は、1月16日(火)、17日(水)の昼休みに2301教室で開催されました。

本コースでは9月の中間発表に時間をかけるため、論文提出後の本発表はひとり3分の持ち時間でスピーディーに行われます。しかし、「要旨」をそのまま読み上げるのは厳禁。3分間で理解してもらうために、パワーポイントを使用する人、拡大した成果物を掲げる人、音源を流して理解を促す人など、さまざまに工夫を凝らしました。

聴講した1~3年生は緊張の面持ち。特に、同じ日に3年生の卒業研究担当教員が発表されたため、3年生は一層気が引き締まる思いだったに違いありません。

今年の4年生は、自分の問題意識を上手に研究に結びつけることができていました。教員採用試験まで少し間がある今が、3年生の頑張りどころです。テーマを絞り、研究を進めましょう。

・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。

音楽療法コースの卒業論文発表会は1月27日(土)13:25~16:30、1219視聴覚教室にて開催されました。

4年生全員がパワーポイントを用いて、限られた時間内(5分以上10分以内)で各自が研究の要点をよくまとめてプレゼンテーションを行いました。各自、緊張しながらも発表し、会場からの質問に答えていましたが、ひととおり終えた後は達成感に満ちていたようです。

1年生から3年生も参加し、熱心に耳を傾けていました。また、司会やタイムキーパー、マイクランナーなどの係も2年生、3年生が担当し、コース全体で盛り上げた発表会となりました。

・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。♪・。♯・。

音楽指導コースの卒業研究発表会は、2月1日(木)午後、2302教室で行われました。

持ち時間は5分。口頭発表の中で研究対象の動画例示も行われ、「わかりやすく伝える」ことに努めた成果が表れていました。

音楽指導コースの卒業研究は、卒業論文に限りません。研究内容によっては教材製作や演奏なども視野に入ります。聴講した1~3年生は、自分には何ができるかを思い描きながら発表を聴いていたに違いありません。

お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

***

聖徳大学の入試に関する情報はこちら
▽聖徳大学音楽学部 平成30年度入試課題:AO入試実技課題 推薦・一般・編入学入試 実技課題
音楽学部ブログ記事一覧はこちら

PAGE TOP