短期大学部・保育科 │ 聖徳大学

お久しぶりです!北海道!!~北海道学外研修~

22.07.01

6月7日~9日までの2泊3日で北海道研修旅行が行われました。ここ2年はコロナ禍ということもあり、中止となっていましたが、今年は出発前日に抗原検査を行うなど感染対策を綿密に行い実施されました。

楽しみにしていたようで、羽田空港でも明るい表情がたくさん!

北海道についてまず向かった先は、釧路市湿原展望台です。広大な緑の湿原と北海道のさわやかな風が出迎えてくれました!

900草原では芝生の上で、十勝名物、豚丼のお弁当をいただきました。

次に向かった先は摩周湖です!霧が多いことで有名ですが、当日は摩周ブルーがきれいにみることができました。記念撮影もばっちり!

渡辺体験牧場では、牛の餌やり、トラクターでの農場見学なども行われました。

そして、農場でのアイスクリームの味はまた格別なものでした!

初日の最後に訪れたのは硫黄山です。硫黄の香りが立ち込める、これぞ大自然という趣でした。

2日目はアイヌ民俗資料館からスタートです。アイヌの文化や生活などに触れていきます。

阿寒湖では、船に乗りマリモの待つチュウルイ島へ。自然の神秘に触れることができました。

最終日はまず大きな花時計のハナックへ。ギネスブックに載ったこともあるそうです。

公園にもなっていますので、元気なホイクカ女子は大はしゃぎ!

 

池田ワイン城では、家族へのお土産としてワインを買う人もいました。

最後に訪れたのは幸福駅。「愛の国から幸福へ」の切符でおなじみです。大きな切符をもって記念撮影!

2泊3日という日程ではありましたが、北海道の大自然と文化に触れる貴重な学びとなった研修旅行でした。

 

担当は大野でした

PAGE TOP