心理・福祉学部心理学科

卒業論文口頭試問が行われました

20.02.03

心理学科HPをご覧の皆さん,こんにちは!

2019年度聖徳心理学科の成果発表・報告会のご紹介,最後は卒業論文口頭試問のご報告です。
1月24日(金)に,卒業論文の口頭試問が行われました。

心理学科では,指導教員による指導・監督のもと,これまでの心理学科での学びの集大成として,何かしら心理学研究を実施し,研究論文を作成します。

つまり,①研究の構想→②先行研究のレビュー→③調査・実験材料の作成→④実験・調査の実施→⑤結果の統計分析→⑥研究論文の執筆,この全てを一人で行って論文を完成させるのです。

口頭試問では,指導教員と副指導教員を前に完成させた論文について口頭で説明し,講評をもらいます。

学生にとっては,短時間に論文内容を紹介し,先生方の鋭い質問に的確に応えなければならず,緊張の10分間です。

 

自分の研究の面白いところを,何とか分かってもらおうと必死です。

 

無事に口頭試問を終え,ようやく一息です。これで,あとは卒業を待つだけ!
その前に,最後の定期試験が待っています。。。。。

 

PAGE TOP