音楽学部

教員紹介

北川 森央 (Morio Kitagawa)

管弦打楽器

フルート

職 位:准教授

メール:morio@wa.seitoku.ac.jp


■主な担当科目

・専門実技(フルート)
・演奏法研究
・室内楽演習
・管弦楽演習
・合奏演習


■専門分野・研究内容

・フルート
・モーツァルトのフルート使用法


■略 歴

1977年横浜生まれ。幼少時からクラシック音楽に親しんで育つ。

玉川学園小学部にて豊かな音楽教育を受け、11歳よりフルートを始める。

東京藝術大学附属音楽高等学校、東京藝術大学卒業。同大学院修士課程及び博士後期課程修了。論文「モーツァルトのウィーン時代におけるフルート使用法」にて博士(音楽)を取得。

これまでにフルートを篠崎このみ、寺本義明、故中野富雄、三上明子、金昌国、パウル・マイゼン各氏に師事。フラウト・トラヴェルソを前田りり子氏に師事。

東京藝術大学バッハ・カンタータ・クラブに在籍し、指導者・小林道夫氏の薫陶を受けた。

第49回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位。東京藝術大学教育研究助手、新日本フィルハーモニー交響楽団契約団員 を経て、現在、聖徳大学音楽学部准教授、東京藝術大学、および上野学園大学非常勤講師。

横浜シンフォニエッタフルート奏者。アジアフルート連盟・東京 理事。

国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国 において開催される国際音楽祭への出演、国際音楽コンクールの審査員を務め、多方面で活動している。ディスクアートより4枚のソロCDアルバム(DACD-061、081、111、112)をリリースするほか、古楽器奏者としてマイスターミュージックよりリリースの「小林道夫の藝術」ブランデンブルグ協奏曲全集、管弦楽組曲全集にソリストとして参加している。


■ひとこと

 人々に音楽で幸せを与える為に、まず自分が音楽から幸せを感じましょう。自分が生み出す音楽の価値を、まず自分が認めましょう。生きていることの素晴らしさ、人生の価値を信じぬくこと。これを音楽家は常に伝え続けなければいけません。だから音楽を志す人は、(こんな世の中ですが)常に幸せを感じてほしいし、幸せになってほしいのです。あとは、ちょっとした知的な忍耐さえできれば、必ず上手になります。一緒に勉強しましょう。

2021年3月6日更新


PAGE TOP