音楽学部 演奏学科 音楽総合学科

作曲コース
(クラシックスタイル専修・コンピュータスタイル専修)

コース紹介

クラシックの理論、コンピュータの技術、広い教養・・・。個性を活かし、「目指したい音楽」を究めます。

CMソング、携帯電話の着信メロディ、音楽雑誌の編集など、現代の音楽産業の中で作曲に対するニーズは多岐多彩にわたります。クラシックスタイル専修とコンピュータスタイル専修があり、クラシックの基礎理論と、コンピュータ技術の融合を図りつつ、学生が個性に合わせて自分の音楽を作り、将来の可能性を広げられるよう丁寧な指導を行います。

クラシックスタイル専修

作曲家として必要な、高い演奏力と豊かな人間力も養います

優れた音楽の根底には、必ずしっかりとした理念があります。クラシックスタイル専修では、クラシック楽曲の基礎となる音楽理論や和声などを学び、楽曲を解釈・分析できるように指導します。同時にプロフェッショナルな作曲技法を身につけ、優れた音楽を生み出す力とします。

クラシックの基礎理念を学習。優れた音楽を生み出す力を養います。

本専修は「演奏学科」に属することで、演奏、特に器楽と声楽においても優れた教授陣による指導を受けることができます。また、さまざまな音楽教育と同様に人間教育にも力を入れることで、広く社会で受け入れられる人間性豊かな作曲家を育てます。

コンピュータスタイル専修

コンピュータを活用し、作曲技法を習得。オリジナルの音楽を追求していきます

コンピュータでの作曲の利点は、情報を与えると意図を読み応えてくれることです。そして、その場で検証できること。作曲しながら演奏家にも編曲家にもなり得ます。コンピュータの技術はもちろん、作曲の基礎となるクラシックの理論も学習します。

恵まれた環境の中で、自分の音楽をイメージ通り表現する力をつけます

1号館内に常設されたDTM演習室では、コンピュータミュージックの教育に必要な設備が充実しています。MIDIデータやループミュージックの作り方を基礎から学び、音楽全般の教養を深めていきたい初心者の方、またDTMによって自分の制作する音の世界を表現し、現代の放送などのメディアを支えているコンピュータミュージックの専門家を目指す方など、様々なニーズにあわせた学習ができるようになっております。

授業紹介

音楽形式論研究Ⅰ、Ⅱ

古典的な音楽の基本的な形式について、楽典分析手法の基礎を修得し、それを基礎として一部形式・二部形式・三部形式・複合三部形式・ロンド形式を学びます。


コンピュータ音楽Ⅰ、Ⅱ

コンピュータによりDAWソフトを使ってデスクトップ・ミュージック(DTM)を学びます。コンピュータとシンセサイザーの知識を学び、シーケンスデータを作成していきます。音楽形態もクラシックに限定せず、ポピュラー音楽のアンサンブルにまで発展し、音作りを学びながら音楽の構造を学んでいきます。


和声法Ⅰ、Ⅱ

音楽の書き方を含めた作品に至るまでの音楽の要素を、四声体の合唱様式で書いてみる実習です。


レコーディング演習Ⅰ、Ⅱ

デジタルツールを駆使したレコーディングの実際と活用方法を学びます。アナログな機材も使用し、デジタル、アナログの両面から見た録音と音の特質、そしてその利用法について習得していきます。

カリキュラム(クラシックスタイル専修)

全学共通科目

聖徳教育

  • 小笠原流礼法基礎講座
  • 聖徳教育Ⅰ[教育の理念(建学の精神を含む)]
  • 聖徳教育Ⅱ[研修]
  • 聖徳教育Ⅲ[聖徳基礎力]

教養科目

  • 自分を見つめ・拡げ・伝える
    (芸術領域,文学領域,歴史領域,文化領域Ⅰ,文化領域Ⅱ・インターンシップ)
  • 自然・社会・科学技術を考える
    (自然領域,科学技術領域,社会領域,環境領域)
  • 心とからだの美的本質を追求する
    (心の領域,からだの領域,栄養領域,スポーツ領域)
  • 日本国憲法
  • 社会貢献の理論と実践
  • 地域貢献活動の実践

外国語科目

  • 英語Ⅰ~Ⅳ
  • 英語Ⅴ~Ⅷ
  • フランス語Ⅰ~Ⅷ
  • ドイツ語Ⅰ~Ⅷ
  • イタリア語Ⅰ~Ⅷ

健康教育科目

  • スポーツと健康Ⅰ~Ⅲ

情報活用科目

  • 情報活用演習(基礎,教職)

学部共通科目

  • 音楽と社会(音楽キャリア教育Ⅰ)
  • 音楽生涯学習論(音楽キャリア教育Ⅱ)
  • 合唱Ⅰ‐1,2(第九)
  • 音楽基礎理論Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ‐1,2
  • 環境論

クラシックスタイル専修必修科目

  • 専門実技Ⅰ~Ⅳ(作曲)
  • 副科実技Ⅰ,Ⅱ(ピアノ)
  • 副科実技Ⅲ,Ⅳ(声楽または器楽)
  • 音楽書式技法演習Ⅰ‐1,2
  • 音楽書式技法演習Ⅱ‐1,2
  • 作曲法演習Ⅰ,Ⅱ
  • 和声課題研究Ⅰ,Ⅱ
  • 作曲理論研究Ⅰ‐1,2
  • 作曲理論研究Ⅱ‐1,2
  • 学内発表
  • 卒業作品

演奏学科共通科目
クラシックスタイル専修指定必修

  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅡ‐1,2
  • ソルフェージュⅢ‐1,2
  • 和声分析Ⅰ,Ⅱ
  • 音楽形式論研究Ⅰ,Ⅱ
  • 対位法Ⅰ,Ⅱ
  • コンピュータ音楽Ⅰ,Ⅱ
  • 電子楽譜制作法Ⅰ,Ⅱ
  • 楽器学
  • 編曲法演習Ⅰ,Ⅱ
  • ピアノ即興演習Ⅰ,Ⅱ

は必修科目。は選択科目。
※2016年度開講科目。
※卒業には演奏学科共通科目の選択科目も履修する必要があります。
※免許・資格取得希望者は、上記の科目に加えて指定科目の履修が必要です。

カリキュラム(コンピュータスタイル専修)

全学共通科目

聖徳教育

  • 小笠原流礼法基礎講座
  • 聖徳教育Ⅰ[教育の理念(建学の精神を含む)]
  • 聖徳教育Ⅱ[研修]
  • 聖徳教育Ⅲ[聖徳基礎力]

教養科目

  • 自分を見つめ・拡げ・伝える
    (芸術領域,文学領域,歴史領域,文化領域Ⅰ,文化領域Ⅱ・インターンシップ)
  • 自然・社会・科学技術を考える
    (自然領域,科学技術領域,社会領域,環境領域)
  • 心とからだの美的本質を追求する
    (心の領域,からだの領域,栄養領域,スポーツ領域)
  • 日本国憲法
  • 社会貢献の理論と実践
  • 地域貢献活動の実践

外国語科目

  • 英語Ⅰ~Ⅳ
  • 英語Ⅴ~Ⅷ
  • フランス語Ⅰ~Ⅷ
  • ドイツ語Ⅰ~Ⅷ
  • イタリア語Ⅰ~Ⅷ

健康教育科目

  • スポーツと健康Ⅰ~Ⅲ

情報活用科目

  • 情報活用演習(基礎,教職)

学部共通科目

  • 音楽と社会(音楽キャリア教育Ⅰ)
  • 音楽生涯学習論(音楽キャリア教育Ⅱ)
  • 合唱Ⅰ‐1,2(第九)
  • 音楽基礎理論Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ‐1,2
  • 環境論

コンピュータスタイル専修必修科目

  • 専門実技Ⅰ~Ⅳ(作曲)
  • 副科実技Ⅰ,Ⅱ(ピアノ)
  • 副科実技Ⅲ,Ⅳ(声楽または器楽)
  • リズムパターン基礎Ⅰ,Ⅱ
  • DTM理論研究Ⅰ,Ⅱ
  • デジタルメディア演習Ⅰ,Ⅱ
  • 学内発表
  • 卒業作品

演奏学科共通科目
コンピュータスタイル専修指定必修

  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅡ‐1,2
  • ソルフェージュⅢ‐1,2
  • ポピュラー編曲法Ⅰ,Ⅱ
  • ポピュラー作曲法Ⅰ,Ⅱ
  • コンピュータ音楽Ⅰ,Ⅱ
  • 電子楽譜制作法Ⅰ,Ⅱ
  • ジャズ・ポピュラー音楽史
  • ポピュラー音楽概説
  • 和声法Ⅰ,Ⅱ
  • 和声分析Ⅰ,Ⅱ
  • 音楽形式論研究Ⅰ,Ⅱ
  • レコーディング演習Ⅰ,Ⅱ

は必修科目。は選択科目。
※2016年度開講科目。
※卒業には演奏学科共通科目の選択科目も履修する必要があります。
※免許・資格取得希望者は、上記の科目に加えて指定科目の履修が必要です。

教員紹介


  • 教授
    八杉 忠利先生

  • 准教授
    小栗 克巳先生

兼任教員はこちら

取得可能な免許・資格

教員免許状

  • 中学校教諭一種(音楽)
  • 高等学校教諭一種(音楽)

国家資格

  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 学芸員

任用資格

  • 社会教育主事 ※要実務経験1年

民間資格

  • ピアヘルパー(受験資格)
  • レクレーション・インストラクター
  • キャンプ・インストラクター
  • カワイピアノグレードテスト(演奏・指導)認定
  • 余暇開発士

主な進路

中学校・高等学校の音楽教員、音楽教室の講師、音楽事務所や楽器店のスタッフなどそれぞれが自分に合った音楽分野を選んでいます。また、一般企業に就職する人もいます。

就職先 キャリア支援

PAGE TOP