音楽学部

授業紹介:西洋音楽史概説~展示資料から学ぶ生きた音楽史~

19.10.02


「音楽学部音楽学科」開設について

____________________

音楽を専門的に学ぶ際に欠かせない分野に「西洋音楽史」があります。
この科目では、古代から現代に至る長いヨーロッパ音楽の変遷をたどり、社会、文化、思想等とのかかわりを考えながら、音楽の様式を理解していきます。

小中学校の音楽室に飾られた作曲家の肖像画は、たいていヴィヴァルディやJ. S. バッハから始まっていますね。彼らはバロックと言われる時代(1600~1750年頃)の作曲家です。でも、音楽の源流は当然それより前に遡ることができますので、西洋音楽史を扱う科目群では、古代から現代に至る悠久の歴史全般が対象となります。

さて、1年生が秋学期に学ぶ「西洋音楽史概説」。
10月2日(水)に行われた3回目の授業では、1号館聖徳博物館で開催中の「聖徳大学収蔵名品展 中世ヨーロッパの彩飾楽譜」を見学しました。

典礼で歌われる「グレゴリオ聖歌」が前回のテーマだったところから、学生たちは「口頭で伝えられていた音楽が、どのように楽譜に記されるようになったか」を、生の資料を通じて理解しました。

中に入ると、まず山本まり子先生が楽譜の歴史に関して概略を説明。

学生たちは山本先生の説明を聴きながら、楽譜をひとつひとつじっくりと見学していきます。

もともと口頭で伝えられていた音楽は、正確に伝承する術として楽譜に残されるようになりました。
最初に展示されている楽譜は、譜線のないもの。文字と記号が一面に書かれています。
やがて、「ネウマ」と呼ばれる記号を使って四線の楽譜に記されていきました。

おぉ、前回学んだグレゴリオ聖歌のキリエ第4番の旋律が書かれた楽譜が!
読み取れるかな? 「 歌ってみよう!」

ひと通り説明を受けた後、学生たちは自由に見て回りました。
その様子を10秒動画でどうぞ。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

見学後、学生たちからはこんな感想が聞かれました。

「ただ音を記載するだけでなく、華やかに装飾された頭文字などが印象的でした。」

「本物を見ることによって、今勉強している古い時代のことが、想像だけでなくリアルなこととして見えてきました。」

「譜線がなくてまったく理解できない楽譜から、少しずつ読める楽譜になっていく様子が興味深かったです。」

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

学術的な価値の高い本物の資料を前に、生きた音楽史を学ぶ機会に恵まれた学生たち。
遠いものに思われた中世の音楽も、身近なものに感じられたことでしょう。

なお、聖徳博物館では3か所のスペースを使って、学園の貴重な学術資料を一般の方にも公開しています。
※詳しい情報は こちら

____________________

音楽学部の「新しい学びのスタイル」については こちら


お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室
Tel. 047-703-0111
MAIL : music@seitoku.ac.jp

***

PAGE TOP