音楽学部

初めての「マンスリーコンサート」体験レポート!

18.04.30

音楽学部では、個々の学生にフィットした学びを目的として領域特化型プログラムを行っています。

今回は、声楽・オペラコースとミュージカルコースでおこなっているマンスリーコンサートをご紹介しましょう。このマンスリーコンサートは、「演奏力強化プログラム」として行われるものです。

月に1度、暗譜で1曲演奏をするのですが、学年が上がると「演技付の歌唱」等課題が増えます。また演奏するだけでなく、舞台上での歩き方、ロングスカートのすそさばき、演奏前後の時間と空間の過ごし方等のステージマナーも勉強します。

コンサートが終了した後は、先輩や後輩皆で楽器の収納まで行います。演奏だけできる音楽家ではなく、演奏会に必要な様々な事柄を知り、自ら参加できる音楽家を目指しています。

新入生にとって初めてのチャレンジとなったマンスリーコンサート。
その感想を聞いてみました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入学してから初めてのマンスリーでなにも分からなく、色々迷ったりしましたが無事本番に臨めて安心しました。
曲選びから曲目提出用紙の書き方など、先輩が一から丁寧に教えてくださった事、とても嬉しかったですし、何よりももっと頑張らないといけないと改めて実感しました。
このような発表の場を設けて下さり、ありがとうございました。
(ミュージカルコースのOさん)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

高校(音楽科)でも演奏会に出演したことがありましたが、初めてのマンスリーコンサートは緊張してしまい、失敗したところがありました。
次回は今回見つけた直すべきことを直して挑もうと思います。
一ヶ月に一回という短い期間で行われる本番は、ただ場数を増やすだけではなく、それに見合った精神面も磨いていけるのだと思いました。
マンスリーコンサートを、自分に活かせるように頑張ろうと思います。
(声楽・オペラコースのOさん)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めてのマンスリーコンサートでは、「歌って楽しい」という思いが強くありました。
よく響くホールで思いっきり歌えたので良かったなと思っています。
毎月暗譜で1曲というのはなかなか難しそうですが、得るものはとても多いと思いますので、今はまだ未熟でも少しずつレベルアップしていけたらと思います。
(声楽・オペラコースのIさん)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

楽器の運搬も勉強の一つ

大学での音楽生活が始動した1年生!
これからの成長を見守りたいですね。

***

聖徳大学は、がんばる高校生を応援します!

音楽学部ブログ記事一覧はこちら

PAGE TOP