音楽学部

導入教育合宿で、より深まった絆(第2日)

17.04.13

合宿研修FC(フレッシュメン・キャンプ)2日目。午前中、学生たちはベートーヴェンの交響曲第9番について、山本まり子先生の講義を受けました。1年生は全員、12月のシリーズコンサート「第九の夕べ」に合唱団の一員としてプロのオーケストラとともに演奏に参加します。これから授業で練習を積んでいく1年生、この講義で8か月にわたる本番への道がスタートしました。

午後は小諸城址懐古園へ出かけました。島崎藤村を記念した展示を見たり園内を散策したり…。桜の蕾が膨らみ、ようやく春の訪れを感じさせる信州の自然を満喫しました。

午後のプログラムの2つ目は課題作文。

食事も委員の運営で進め、美味しくいただきます。

本日最後のプログラムはグループ学習。与えられた情報を仲間と共有しながら問題を解決していく、ゲーム方式のアクティビティでした。

様々な活動を通して深まった仲間との絆。明日は研修最終日となります。

***
【関連トピックス】 学生の活動紹介
1年生の導入教育合宿が始まりました!(第1日)

音楽学部ブログ記事一覧はこちら

PAGE TOP