多様化する福祉ニーズに応えた3つのコース。高度な知識と技術を身につけた社会福祉のプロを育てます。

心理・福祉学部 社会福祉学科

  • 福祉と人間教育
  • ソーシャルワーカーになりたい!社会福祉コース
  • 介護のプロをめざして!介護福祉コース
  • 保健室の先生になりたい!養護教諭コース

<現在の研究紹介>向井智之

19.08.24

社会福祉学科教員の向井です。

大学教員は、教育と研究の両方を担う職種です。

そこで、今回は、私の研究についてご紹介させて頂きます。まずその為に、簡単に経歴をお話します。

私は、大学卒業後、全く専門外の精神科病院でのレクリエーション指導員という職に就きました。本当に偶然なのですが、ここでの精神障害者の方々との出会いが、現在の私のライフワークにつながっています。

生前、私の恩師は、「精神障害者が置かれる、この悲惨な状況を知ってしまったら逃げられないと思った」とこの分野を専攻したことについて話してくださいましたが、私も同じ気持ちです。

精神科病院在職中に精神保健福祉士資格を取得し、医療相談室に配置換え。その後、転職して地域にある精神障害者対象の相談支援事業所で働いていく中で、その思いは強くなりました。

その為、教員になってからも精神障害者支援が研究領域となっています。精神障害者への支援のため、より良い支援者(精神保健福祉士等)の育成という観点から研究しています。

 

最近は、障害者グループホームにおける支援の在り方について、フィールドワークを基に研究しています。

現在わが国では、グループホームの拡大によって、正に精神障害者の地域移行が促進されています。その変化の時だからこそ、グループホームという枠組みだけではなく、そこで働く支援者の在り方が問われなくてはならないと思っています。

 

    • オープンキャンパス
    • 受験生応援サイト
    • 入試情報
PAGE TOP