音楽学部

教員紹介

坂崎 紀 (Osamu Sakazaki)

音楽学

職 位:教授
メール:sakazaki@wa.seitoku.ac.jp


■主な担当科目

学部
・西洋音楽史
・鍵盤音楽史
・管弦楽史

大学院
・音楽文化研究IV(音楽と文化史)
・音楽理論史特別研究


■専門分野・研究内容

・音楽学(西洋音楽史、音楽理論)


略 歴

 1952年生。
 東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科修了。音楽学(西洋音楽史)専攻。

 東京芸術大学非常勤助手、同非常勤講師、尚美高等音楽学院非常勤講師、明治大学文学部兼任講師、聖徳学園短期大学部専任講師、同助教授、聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授を経て現職。

 日本音楽学会、情報処理学会、日本オルガン研究会会員。

【論文】

『音程による旋律の定量的分析』MLD.pdf [1.9MB]
『音楽学』第28巻第2号(日本音楽学会)、1982所収

『計算機と音楽の接点』PCCM.pdf [860KB]
『bit』1987年9月号別冊『コンピュータと音楽』所収

『パソコン用演奏言語の比較』MLPC.pdf [541KB]
『bit』1987年9月号別冊『コンピュータと音楽』所収

『グレゴリオ聖歌と5音音階』GCPS.pdf [132KB]
 聖徳大学研究紀要短期大学部第26号(III)、1993所収

『平均律の歴史的位置』HPET.pdf. [120KB]
 『音楽文化研究』第1号(聖徳大学人文学部音楽文化研究会)、2001所収

『隠された信条:2つのマリア讃歌と《怒りの日》に見る非キリスト教的性格』AMDI.pdf [861KB]
『論叢』12号(聖徳大学言語文化研究所)2005所収

『西洋音楽史へのアプローチ』AHWM.pdf [867KB]
『音楽文化研究』第6号(聖徳大学人文学部音楽文化研究会)、2007所収

『純正律の特質と問題点』PJI.pdf [7.5MB]
『音楽文化研究』第16号(聖徳大学人文学部音楽文化研究会)、2017所収

【著書、訳書】

『パーソナル・コンピュータ・ミュージック』
 啓学出版、1983

『西洋音楽史-譜例と解説』
 アカデミア・ミュージック、1985

ヘルマン・ケラー『バッハのオルガン作品』
 (共訳)、音楽之友社、1986

『クラシックの快楽』
 (共著)、洋泉社、1988


‘G.B.Sammartini, nonno della sinfonia’
 エッセイ「交響曲の『祖父』サンマルティーニ」のイタリア語訳。サンマルティーニのホームページGiovan Battista Sammartini/ Le origini italiane dello Stile Classicoに掲載されている。


■ひとこと

音楽学部をめざす方へ:

 音楽は言語よりも根源的な自己表現の手段。音楽の歴史は、人類の「ことばによらない歴史」といえそうです。音楽史上の作品を通じて、過去の人たちの心に直接ふれてみませんか?

大学院をめざす方へ:

  音楽学の分野のうち、西洋音楽史に関する研究をサポートします。特に教会音楽、バロック以前の鍵盤楽器とその音楽、音律、音階を研究してきましたので、これらの分野を研究される場合には、多少なりともお役に立てることと思います。

・個人ページ:坂崎 紀

2021年4月24日更新


PAGE TOP