音楽学部 演奏学科 音楽総合学科

器楽コース 弦楽器・管打楽器専修

コース紹介

一流演奏家とのアンサンブルも経験。実践力のある演奏家を育てます。

楽曲の中で自分の役割を理解し、ほかとの調和をとりながら演奏するセンスや技術は経験を積まなければなかなか身についていかないものです。本専修では、ソロの奏者を目指すレッスンばかりでなく、アンサンブルにも重点を置き、音楽的にも人間的にも調和のとれる真の音楽家を育成します。

アンサンブルの経験を、学生のうちにしっかりと

本コースでは独奏の勉強の他に、アンサンブルのスタイルでの指導にも非常に力を入れています。アンサンブルは社会に出てから始めようと思っても、経験がないとなかなか難しいものです。管打合奏や室内楽など、学生のうちに土台をしっかりと築いておくことは、人間的にも協調性を高め、音楽家として成長していく大切なステップとなります。


少数精鋭だからこそ。一人ひとりを大切に育みます

アンサンブルやオーケストラなどの授業では、主科の先生の専門の意見だけではなく、他セクションの先生からの意見も聞くことができ、音楽全体を見る目からの指導・フォローを受けることが可能です。これは他大学でも珍しい、とても贅沢な指導体系と言えるでしょう。学生と教員の関係も非常に良く、教員は学生一人ひとりの個性や欠点などを把握しながら、細やかな指導を行っています。


プロの演奏家からの貴重な指導も、聖徳大学ならでは

本コースで指導にあたる教員は、現役で演奏活動を行っているプロの音楽家ばかり。学生たちは「本番でこうならないためには、こうしたら良い」などの、本番のステージ経験からでなければ生まれない、貴重なアドバイスを受けることができます。またプロの先生方の隣で演奏し、その音を間近に聴くことは、何にも代えがたい素晴らしい音楽体験となります。

授業紹介

専門実技Ⅰ(弦管打)

演奏技術の向上はもちろん、他の楽器との調和を考えられる演奏家を目指します。音楽に対する喜びを得て、自らの将来の目標を達成できるように、個々の楽器の専門教員が学生の実力に合わせて徹底した指導によりサポートします。

カリキュラム

全学共通科目

聖徳教育

  • 小笠原流礼法基礎講座
  • 聖徳教育Ⅰ[教育の理念(建学の精神を含む)]
  • 聖徳教育Ⅱ[研修]
  • 聖徳教育Ⅲ[聖徳基礎力]

教養科目

  • 自分を見つめ・拡げ・伝える
    (芸術領域,文学領域,歴史領域,文化領域Ⅰ,文化領域Ⅱ・インターンシップ)
  • 自然・社会・科学技術を考える
    (自然領域,科学技術領域,社会領域,環境領域)
  • 心とからだの美的本質を追求する
    (心の領域,からだの領域,栄養領域,スポーツ領域)
  • 日本国憲法
  • 社会貢献の理論と実践
  • 地域貢献活動の実践

外国語科目

  • 英語Ⅰ~Ⅳ
  • 英語Ⅴ~Ⅷ
  • フランス語Ⅰ~Ⅷ
  • ドイツ語Ⅰ~Ⅷ
  • イタリア語Ⅰ~Ⅷ

健康教育科目

  • スポーツと健康Ⅰ~Ⅲ

情報活用科目

  • 情報活用演習(基礎,教職)

学部共通科目

  • 音楽と社会(音楽キャリア教育Ⅰ)
  • 音楽生涯学習論(音楽キャリア教育Ⅱ)
  • 合唱Ⅰ‐1,2(第九)
  • 音楽基礎理論Ⅰ,Ⅱ
  • ソルフェージュⅠ‐1,2
  • 環境論

弦楽器・管打楽器専修必修科目

  • 専門実技Ⅰ~Ⅳ(弦管打)
  • 管弦楽演習A-Ⅰ~Ⅲ
  • 管弦楽演習B-Ⅰ~Ⅲ
  • 副科実技Ⅰ(ピアノ)
  • 副科実技Ⅱ(声楽または器楽)
  • 演奏法研究Ⅰ‐1,2
  • 演奏法研究Ⅱ‐1,2
  • 室内楽演習Ⅱ‐1,2
  • 管弦楽基礎演習A,B
  • パフォーマンス演習
  • 合奏演習Ⅳ‐1,2
  • 学内発表
  • 卒業演奏

演奏学科共通科目
弦楽器・管打楽器専修指定必修

  • ソルフェージュⅡ‐1,2
  • リトミック
  • バロックダンス
  • 和声法Ⅰ,Ⅱ
  • 西洋音楽史Ⅰ,Ⅱ
  • 管弦楽史Ⅰ,Ⅱ
  • 合奏演習Ⅰ‐1,2
  • 合奏演習Ⅱ‐1,2
  • 合奏演習Ⅲ‐1,2
  • 合奏指導法Ⅰ,Ⅱ
  • 室内楽演習Ⅰ‐1,2
  • 合唱Ⅱ‐1,2
  • 民族音楽学概論(含む日本の伝統音楽)
  • 楽器学

は必修科目。は選択科目。
※2016年度開講科目。
※卒業には演奏学科共通科目の選択科目も履修する必要があります。
※免許・資格取得希望者は、上記の科目に加えて指定科目の履修が必要です。

教員紹介


  • 教授
    山本 真 先生(ホルン)

  • 教授
    山本 真理子 先生(打楽器)

  • 准教授
    中村 克己 先生(クラリネット)

  • 准教授
    坂本 真理 先生(ヴァイオリン)

  • 准教授
    北川 森央 先生(フルート)

  • 客員教授
    岡山 潔 先生(ヴァイオリン)

兼任教員はこちら

取得可能な免許・資格

教員免許状

  • 中学校教諭一種(音楽)
  • 高等学校教諭一種(音楽)

国家資格

  • 図書館司書
  • 司書教諭
  • 学芸員

任用資格

  • 社会教育主事 ※要実務経験1年

民間資格

  • ピアヘルパー(受験資格)
  • レクレーション・インストラクター
  • キャンプ・インストラクター
  • カワイピアノグレードテスト(演奏・指導)認定
  • 余暇開発士

主な進路

中学校・高等学校の音楽科教員、音楽教室の講師、音楽事務所や楽器店のスタッフなどそれぞれが自分に合った音楽分野を選んでいます。また、一般企業に就職する人もいます。

就職先 キャリア支援

学生紹介


演奏学科
器楽コース弦管打楽器専修4年

塙 あみ

世界で活躍する先生方から多くを学べます。

高校の音楽部の先生が聖徳大学でも教えていらして、大学でもひきつづき指導してもらいたいと思い、聖徳への進学を決めました。少人数で学ぶことができるのも聖徳を選んだポイントです。私は、バイオリンを4歳の頃から続けていて、演奏の技術をより高めたいという思いから弦楽器・管打楽器専修を選びました。聖徳では、世界で活躍するプロフェッショナルな先生方からたくさんのことが学べます。どの先生も真撃な態度で指導してくださり、授業はためになることばかりです。ソロ演奏を習得する「専門実技」は1対1での指導ですし、複数の先生方と少人数の生徒でオーケストラを組み演奏することが珍しくありません。この恵まれた環境を支えに演奏する力をさらに磨き、将来は、演奏に関わる仕事に就きたいと思っています。

PAGE TOP