人間栄養学部 人間栄養学科

受験生応援:運動のすすめ ~あなたのエネルギー収支のバランスはどのタイプ?~

19.09.19

【受験生応援 ~受験生のための栄養講座】 No.17

9月も半ばを過ぎました。
少し涼しくなり、気持ちよく過ごせる気候になりましたので、勉強もはかどりますね!

頭のトレーニングだけでなく、からだを動かすこともお忘れなく。前回は、運動(からだを動かすこと)の大切さをお伝えしました。今回は、運動と食事との関係について考えてみましょう。?

身体を動かすとお腹が減ります(しなくても減りますが・・・)。?
運動をすると通常よりもエネルギー消費量が増えるので、その分を補う必要があります
エネルギー収支のバランスを考えながら、適量のエネルギーや栄養素を摂取することで、健康維持とともに、筋肉や骨格も維持・増加させることができます。??✨

 

****エネルギー収支のバランスとは?****

体重の増減は、エネルギー摂取量とエネルギー消費量のバランスで決まります。

1.摂取量 = 消費量    体重の変化なし。

2.摂取量 > 消費量    体重は増加。このままの食生活を続けていると、いずれは肥満につながります。将来的に、高血圧、糖尿病、心疾患などの原因となる可能性があります。

3.消費量 < 摂取量    体重は減少。やせすぎも虚弱につながり、健康な状態とは言えません。現在、高齢者のやせや低栄養が問題となっています。

***********************

生涯を通じて、健康に過ごすためには、肥満も、やせも予防することが重要です。??
また、体重の変化がなければそれで良いわけではありません。?‍♀️
食べる量を少なくし、運動もしないことでエネルギー収支のバランスが取れていても、健康は維持できないのです。?‍♀️

 

エネルギー消費量は、基礎代謝量食後の熱産生量身体活動量の3つに分けられます。

この中で、身体活動量は、運動などにより私たちが意図的に変えることができるエネルギー量です✨✨✨

すなわち、運動をすることでエネルギー消費量を増やすことができるのです(その分、たくさん食べよう!そして、更に健康になる!一石二鳥!!)また、加齢とともに基礎代謝量が減少すると、エネルギー消費量は減少します。適度な運動により筋肉量を維持することで、基礎代謝量の減少を防ぐことも期待できます。?

健康の維持・増進、また健康寿命を延ばすためにも、積極的にからだを動かししっかり食事を摂ることを心がけてください。?

次回は、さまざまな栄養素を含む牛乳を使った簡単で素敵なデザートを紹介します。
お楽しみに~??

【受験生応援 ~受験生のための栄養講座】 No.16 こちら

PAGE TOP