人間栄養学部 人間栄養学科

受験生応援:脱水に気を付けて!!!

19.08.22

【受験生応援 ~受験生のための栄養講座】 No.13

受験生の皆さん、「夏を制する者は受験を制す!」と言われますが、いかがお過ごしですか??

暑い夏、いかに長時間、集中力を切らさず、目標を達成できるかの基本となるのが、体調管理です。?

体温が上がりやすいこの時期、身体は汗をかくことによって気化熱を利用して体温を下げようとしてくれますが、この発汗が原因となり脱水状態になり、ひどくなると熱中症状態に陥ります。???

また、気温が低くても、湿度が高いと、汗が蒸発しにくくなり、熱中症への危険が高くなります。
例えば、気温が25度以下でも、湿度が80%以上ある時は注意が必要です!!!

いずれにしても、脱水状態にならないことが大切です。

では、脱水について、すこし専門的に捉えてみましょう。

タイプによって、

1.水欠乏性脱水(高張性脱水)

2.ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)

3.混合性脱水(等張性脱水)

の3種類に分けられます。

 

一般的に、夏の暑い時期に、発汗・発熱などで生じる脱水が水欠乏性脱水(高張性脱水)で、嘔吐などによる水分不足もこの種の脱水になります。この場合は、とにかく水分をこまめに補給しましょう。
その際、体により吸収しやすいのは、浸透圧の関係で真水よりも、0.1~0.2%食塩と4~6%前後の糖質を含んだものです。いわゆる経口補水液ですね。スポーツドリンクもいいですね。?❤️

ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)は、下痢がひどい時に水分しか補給しなかった場合に生じる脱水です。

勉強で、頭を使って考えると、脳でエネルギーを消費します。?‍♀️その際には、グルコース(糖質)を消費しているので、糖分補給の観点からも、1リトルの水に、砂糖40~60g、食塩を1~2g入れて、お好みでレモンやオレンジ等の果汁を加えて、自分で作ってみてもいいかもしれませんね??

次回もお楽しみに〜〜???

【受験生応援 ~受験生のための栄養講座】 No.12 こちら

 

PAGE TOP