人間栄養学部 人間栄養学科

料理コンクールで受賞しました!

18.12.22


↑ 詳細はこちら ↑

今年も残りわずかとなってまいりました!皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は、先日行われた料理コンクールで受賞した学生の紹介をします!

11月25日に開催された「かむ子・のびる子・元気な子」料理コンクール ~健康かみかみ弁当~(応募総数187件)で、人間栄養学部2年生の古田みゆるさん、遠藤姫桜璃さんがそれぞれ受賞しました。

ふたりにインタビューしました!
*⁎**⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*

?古田みゆるさん(千葉県歯科医師会長賞 受賞)

1⃣このお弁当のアピールポイント
千葉県の総生産量トップ(金メダル?)の食材であるピーナッツ、枝豆、ほうれん草を使いました。いろいろな食感の食材を用いた料理で、自分の歯でよく噛んで食べることの楽しさを伝えられるお弁当にしました。手間がかからず簡単に作ることができます。

2⃣このお弁当を思いついたきっかけ
ピーナッツ味噌の焼きおにぎりは、私の地元の郷土料理である五平餅を参考にして作りました。五平餅は小学校の給食でも提供され、とても人気な献立でした。そのため、千葉の子供たちにもきっと喜んでもらえるだろうと思い、甘味噌に千葉県のピーナッツを加え、噛みごたえがでるように焼きおにぎりにアレンジしました。

3⃣このお弁当の苦労したところ
千葉県の総生産量トップの食材をどのような料理にしてお弁当にいれるかを決めるのに時間がかかり、とても苦労しました。お弁当は、忙しい朝に作るので、なるべく簡単に短時間で作れる料理にするために、大学の食事設計実習で学んだことを生かしました。

4⃣結果についてのご家族の反応
千葉県で行われたコンテストでしたが、私の実家がある長野県から両親が応援に来てくれました。結果が発表されたときは、驚きながらもとても喜んでくれました。祖父、祖母にも電話で報告すると「すごいね!よかったね!」と褒めてくれました。

5⃣今後の抱負
今回のお弁当は、千葉県の子供たちに向けて作りました。出場者が作ったお弁当をこどもたちが試食する時間があったのですが、そのときに、こどもたちが私のお弁当を手にとって喜んで食べていた様子を見て、私はとても嬉しかったです。そのことから、私は、食べてもらう人のことを真剣に考え、その人に喜んでもらえるような献立を作れる管理栄養士になりたいと思いました。

?遠藤姫桜璃さん(歯科衛生士会長賞 受賞)

1⃣このお弁当のアピールポイント
千葉県が生産量1位を誇る食材、シャキシャキ歯応えがある食材、たくさんの野菜などを使い、野菜が苦手な人でも食べやすいようにと、栄養満点のお弁当です。

2⃣このお弁当を思いついたきっかけ
自分がお弁当の蓋を開けた時に何が食べたいのかを考えていたら、思いつきました。

3⃣このお弁当の苦労したところ
海苔巻きをまくのが難しかったです。
また、食材はシャキシャキの状態のままでないといけないので、焼き加減などに注意しました。

4⃣結果についてのご家族の反応
まさか、選ばれるなんて!といった感じで、とても驚いていましたが、喜んでくれました。

5⃣今後の抱負
これをきっかけに自分でお弁当を作ったり、発表会で見た、ほかのお弁当のレシピを見て私も作ってみたいと思いました。

*⁎**⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*⁎*

以上です。

レシピは、千葉県、千葉県歯科衛生士会の事業の一環で、千葉県民の方々に配布されるそうです!

今後の活躍を期待しております。

※写真の掲載については、事前に本人の承諾を得ております。

PAGE TOP