児童学部児童学科

特別支援教育コース(昼間主・夜間主)

一人ひとりの子どものニーズをとらえ、的確な支援ができる専門性と、さまざまな子どもたちが共に生活できるようにあたたかい集団づくりができる人間性を兼ね備えた先生を目指します。

カリキュラムマップ

授業風景

小学校または幼稚園教諭免許取得を目指した学修を基礎とします。


  • 特別なニーズのある児童に対する指導や教材作りの専門的な学修を、2年次から積んでいきます。

  • 通常学級の児童に障害への理解を促す「障害理解教育」も学びます。

座学だけでなく、多くの体験学修で、特別なニーズのある子どもへの対応を学びます。


  • 支援ボランティア等の活動をすることもできます。大学でその活動についての指導も受けられます。

  • 実際の支援場面で、技術と共感性が磨かれます。

教育実習に向けて指導案作りや模擬授業をグループ活動で行います。


  • いよいよ教育実習へ。
    1年次秋:附属小学校または附属幼稚園
    3年次秋:外部小学校または外部幼稚園
    4年次秋:特別支援学校。

  • 実習報告会で総まとめをします。

就職実績

児童学部 過去5年の特別支援学校就職実績

児童学部ではこれまで全コースで特別支援学校教諭免許が取得できました。今後も特別支援教育コース以外のコースでも取得可能。


過去に就職した実績のあるその他の都道府県:さいたま市(H25,H23)、岩手県(H24)、福島県(H23)、横浜市(H23)

デジタルパンフレット
1 2 3 4
PAGE TOP