児童学部児童学科

ブログで紹介 スポーツ健康コース

20.10.18

みなさん、こんにちは!
児童学部は7つのコース。
各コースの特徴や新しい情報を理解してもらいたいという想いから、シリーズでコースの魅力をお伝えしています。

今回は、スポーツ健康コースの紹介です。


スポーツ健康コースでは、さまざまなスポーツの楽しさを経験し、子どもたちにからだを動かす楽しさやスポーツの魅力を伝えられる指導者を目指します。
児童学科のブログでも、コースの紹介が多数アップされています。ぜひご覧ください♪→こちら

コースのキャッチフレーズは、
「スポーツが大好き!」そんなあなたの願いを実現します!運動遊び、スポーツ指導の支援方法などを学修します!経験豊富なスポーツ専門教員が学修を支援します!

そこで今回は、授業でご指導いただく客員教授の岡崎朋美先生、高田千明先生のお二人の先生からメッセージを頂きました。プロフィールとともに紹介いたします♬


【岡崎 朋美(おかざき ともみ)】
担当科目:オリンピック・パラリンピック概論、スポーツコーチング論など

《メッセージ》
聖徳大学児童学科の皆さん,こんにちは!元スピードスケート1998年長野五輪500m銅メダリストの岡崎朋美です。
新入生の皆さんは,本来であるなら4月にキチンとした形で入学されたのでしょうが,新型コロナウィルスの影響で授業もままならないまま今にいたると思います。数多くの人々の生活環境の変化に戸惑う学生さんたちがいると思いますが、この困難をお一人お一人の力でピンチをチャンスに変えて欲しいと強く思います。幾分、新型コロナウィルスに慣れてきた感じもしますが気を抜かず、自分のやるべき勉強や学びに邁進してください。
私も現役時代にスケート靴の開発で後れを取り戻す為に必死にトレーニングを積んでオリンピックのメダルを勝ち取りました!難しい戦いでしたが、自分を信じてどんなことでも自分の身になるように脳と体を動かし最後の最後は「もうやり残したことがない!」と言い切れるほど沢山の経験を積みました。「諦めない心」今決めている目標があるならそこまでのビジョンを描き、逆算しながら毎日を楽しんでください! 万が一 躓いてしまっても深呼吸して「なぜ?」と分析しつつこれも学びの一つに必ずなるので他人と比べず前に着実に進んで行って下さい。また、オリンピックを5度経験させて頂きましたが、その中で世界各国の選手との交流、人間模様など数々のドラマ・ストーリーがあり、皆さんも今後小さい子供たちの先生や関わる存在になると思いますので人間観察も面白いと思いますよ(笑)沢山の事を学びお子さんや親御さんたちの力になってあげてください。それと聖徳大学生のチーム力にも期待しております!
自分なりの後悔しない人生を送ってくださいね~!楽しみでしかたりません!応援しています。

《プロフィール》
2010年 バンクーバーオリンピック
2006年 トリノオリンピック
2002年 ソルトレイクシティオリンピック
1998年 長野オリンピック(スピードスケート女子500m銅メダリスト)
1994年 リレハンメルオリンピック
北海道・清里町出身 清里中学校、釧路星園高校、富士急スケート部

○高校時代はインターハイで4位が最高成績。当時の富士急スケート部監督の長田照正氏が高校2年生の岡崎選手を見て、その素質を見抜きスカウトした。○1998年長野オリンピックで日本女子短距離として初めてメダル(銅)を獲得した。500m3位入賞(銅メダル)、1000m7位入賞
○2002年ソルトレイクシティオリンピックでは500mで当時の日本記録を樹立。
○2005年には通算7度目となる日本記録(37 秒73)を更新。
○2006年トリノオリンピックでは日本選手団の主将を務める。500mで4位入賞。同年12月の全日本スプリント選手権では9年振り3度目の総合優勝達成。
○2010年バンクーバーオリンピックでは日本選手団騎手を務める。(冬季五輪日本女子最 多出場記録)
現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

 

【高田 千明 たかだ ちあき (東京2020パラリンピック日本代表内定)】
公式BLOG:https://ameblo.jp/family-takada/
担当科目:オリンピック・パラリンピック概論、スポーツコーチング論など

《メッセージ》
2019年に聖徳大学の客員教授に就任したパラリンピック陸上競技の高田千明です。パラ陸上における障害クラスはT11クラスという視覚障害(全盲)クラスで、専門種目は走幅跳と100mの二種目です。
私がこれまでの人生で培ってきた経験を活かして、健康、障害、スポーツ等に関する様々なお話をしていきたいと思っています。聖徳大学の学生の皆さんのキャリアプラン形成に少しでもお役に立てるように取り組んでいきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

《プロフィール》

国際大会では銀メダルを4個、銅メダルを1個獲得している。
2018年 アジアパラ競技大会 走幅跳 銀メダリスト。
2017年 世界パラ陸上競技選手権大会 走幅跳 銀メダリスト。
2014年 アジアパラ競技大会 走幅跳 銀メダリスト。
2011年 IBSA世界大会(※視覚障害者の世界大会) 200m 銀メダリスト、100m 銅メダリスト。

○東京2020パラリンピック日本代表内定。
○東京都大田区出身のパラリンピック陸上競技選手で、専門は走幅跳と100m。走幅跳と100mの日本記録保持者。パラリンピックにおける障害クラスはT11クラスという視覚障害(全盲)クラス。
○ほけんの窓口グループ株式会社所属
○港区観光大使(髙田 千明・髙田 裕士)
○出産後も、パラリンピックをはじめとする国際大会においてメダル獲得及び入賞を達成するなど、トップアスリートとして競技活動を継続しており、東京2020パラリンピックで息子の諭樹くんに「世界一のママ」を見せることを目標に、育児と仕事とトレーニングに奮闘するママさんアスリートである。
○2020年「24時間テレビ」、2016年「24時間テレビ」「人生が変わる1分間の深イイ話」等に出演しており、全盲のパワフルママさんアスリートとして、注目されている。
お二人には、担当科目を中心に、それぞれのご経験を踏まえて講義をしてだくことになっています。オリンピックやパラリンピックへの出場に当たっての身体的・精神的準備のことだけで無く、表舞台では分からない側面も語って頂ければと考えています。また機会があれば、スポーツ健康コースだけで無く、児童学科全体を対象とした講義も考えていこうと思います。先生方が来校されたら、是非気軽にお声掛けしてみて下さい。素敵な出会いになること間違いありません。

スポーツ健康コースの詳細は→こちら
コースについて、学生の様子などをブログを通してみることができます!

<ブログで紹介>
★ブログで紹介 幼稚園教員養成コース→こちら!
★ブログで紹介 児童心理コース→こちら!

まだまだ続きます。お楽しみに!

************************

★キャンパス見学受付中!
学部学科別にキャンパス内をご案内。個別相談も承ります。少人数で実施いたしますので不安なこと、心配なこと何でもご相談ください。
【日時】平日10:00~17:00、土曜 10:00~15:00
【内容】1人1時間予定(保護者2名まで)
★詳しくはこちらをクリック!

★トワイライトキャンパス見学開催!
9月中の毎週水曜、土曜はキャンパス見学の時間を延長します!駅から徒歩5分という利便性の良さのため、多少暗くなっても安心して来校することができます。放課後に是非いらしてください。
※完全予約制
水曜日 10:00~18:00(最終受付17:00)
土曜日 10:00~17:00(最終受付16:00)
★詳しくはこちら!

************************

児童学部は7つのコースと夜間主に分かれています!
どのコースでも幼稚園、保育士、小学校、特別支援の免許、資格をとることができます。
子どもと関わる仕事に就きたいと思っている皆さん、自分にあった専門性を深めるコースを見つけましょう!

幼稚園教員養成コースイエロー))
保育士養成コースピンク)
小学校教員養成コースグリーン)
特別支援教育コースきみどり
児童心理コースブルー)
児童文化コースオレンジ)
スポーツ健康コースパープル)
夜間主


★コース毎にインスタグラムを始めました!
インスタグラムの中から「聖徳 児童」で検索してみてください。是非フォローお願いします!

************************

★児童学部「フリーダイヤル進学相談」随時受付中!
児童学部限定で、以下の日程で電話による進学相談予約制で行っています。
高校生の皆さん、卒業後の進路について、どのコースにしようか迷っている等、どんなことでもいいので気軽にお尋ねください。
迷っている方、心配は要りません。まずは申し込んでみましょう!

ご希望の方は下記からお申し込みください。ご予約のお時間になりましたら児童学部教員からご連絡いたします。
【日時】10月20日(火)、21日(水)、22日(木)の各日の各日 14:00~17:00で30分毎。(最終予約時間 16:30)

★お待ちしてます!お申し込みはこちらから!

★1分間で分かる児童学部紹介MOVIE

(児童学部)

PAGE TOP