児童学部児童学科

教えて!聖徳ピアノグレード

19.08.13

皆さん、こんにちは!

「聖徳ピアノグレード」をご存知でしょうか?

「聖徳ピアノグレード」は、聖徳大学の教員がみなさんの演奏を聞いて、聖徳ピアノグレードα級、β級に認定します。
認定され、期限までに申請をすることにより、入試特待制度「資格特待制度」が適用になり、入学金が全額または半額免除されます。
検定料は無料。何度受けてもOKです。毎回、申し込み制で15名までです。高校一年生から挑戦することができます。

今年のチャンスは残すところあと5回!
8/24(土)、9/22(日)、10/20(日)、11/24(日)、12月(未定)。
基本的にオープンキャンパスと同日開催です。

今回はピアノグレードの審査の様子をご紹介いたします!
ピアノの田中真紀子先生と学生に再現していただきました。

 

ここが、審査会場です。
演奏や質疑は教員と一対一で行われ、他の人に演奏を聞かれることはありません。
この間、保護者や他の受験者は待合室で待っています。

 

演奏は、グランドピアノで行います。
譜面台の位置が高いため、高校でグランドピアノを借りて練習する方もいるそうです。

 

演奏の後は、質疑応答です。
演奏と合わせ10分程度です。

 

認定された方には、後日認定証が送られます。

α級は、すでに相当数、ソナチネ及びソナタ等を既習している方を対象とし、余裕のある演奏と深い人間性や音楽性を兼ね備えていることを合格の基準とします。

β級は高校生からピアノを習い始めた方や既にバイエルを学習している方で、バイエル終了程度の実力を身につけている方が対象です。入学後の更なる向上を目指す方へのステップとして実施いたします。

残念ながら認定されなくても、アドバイスシートが届けられますし、アドバイスレッスンを受けることも可能です。ただしレッスンとテストを同日に受けることはできません。

 

他に「カワイ9級以上」「ヤマハ9級以上」の取得者や、PTNAの地区予選通過の優秀者の方はテストを受けなくても入学金免除の対象者になります。詳しくはこちら!

 

子どもたちを前に上手にピアノを弾ける先生は素敵ですね(↑写真は児童学部の卒業生)。

ピアノが得意な方、聖徳のピアノ教育に興味がある方、是非、聖徳ピアノグレードにチャレンジしましょう!

まず、ホームページで詳しい内容、課題曲と試験日を確認し、希望日の1週間前までに、申込みフォームから申し込んでください。
詳しい内容、申し込みはこちらから!

 

(児童学部)

PAGE TOP