短期大学部 総合文化学科

5月14(土)就職セミナーを開催しました!

22.05.19


キャンパス見学もコチラで受付中です!

5月14(土)2年生向けの就職セミナーがおこなわれました。
このセミナーは総合文化学科が独自に年に2回実施しています。
セミナーの前半は先輩講師のお話。後半は少人数に分かれて先輩講師を囲んでグループトークをおこないました。
講師は卒業生(2017年3月卒、2018年3月卒、2022年3月卒)の3名です。
先輩講師のお話は就職活動を始めた時期、活動の仕方、会社の選び方、勉強法、面接時のポイントや不採用時の気持ちの切り替え方など。
卒業生講師の先輩は、学生がメモを取りやすいようにゆっくり、分かり易く話してくださり、そこには社会人になった先輩方の気遣いがうかがえました。

 1人目の講師のANさんは図書館司書・ITコース出身で、就職活動の当初は公務員の図書館司書をめざし地方公務員対策の勉強と、民間の企業への就職のことも考えSPIの勉強しておりました。就職試験の内容のレベルは高校生卒業程度と話してくださいました。企業を選ぶ際のポイントとして有給消化率を、また、見込み残業代等の記載があるのは避けた方が良いというアドバイスでした。
 2人目の講師は観光・ホテルコース出身のNKさん。当初介護系の仕事をしていましたが、自分のやりたい仕事ではないということで、航空会社のカウンター業務を経て現在のホテル系の企業に就職しました。同期の中で唯一短大卒の総合職として採用され、人事部などを経て今春から営業職に配置転換されました。印象がとても大事で面接やグループミーティングで相手の目を見て話を聞くことがポイントです、という貴重な意見もしていただきました。
 3人目の講師はファッション・造形出身のMMさん。履歴書の書き方やメールの作成方法、言葉遣いに注意がすることが大切だと話して下さり、必要に応じてキャリア支援課の職員や先生に見てもらうことも必要だと指摘してくださいました。また、社員同士の様子から会社の雰囲気が分かるので注意深く見て欲しいこと、また、福利厚生や休日日数も重要な会社選びのポイントであると助言してくださいました。


 後半のグループトークは、在学生から先輩講師への質問タイムです。より具体的な就活の方法を聞くことができ、今後の就活の原動力に繋がったようです。
 このように総合文化学科では、就職活動のために手厚いサポート体制を取っています。
今後もさまざまな行事や、サポートの仕組みを紹介して参りますので、ぜひ引き続きブログをご覧ください。
———————————————————————————————————————————

チバテレの情報番組「モーニングこんぱす」内で、総合文化学科が紹介されました。
”楽しい学生生活”の様子がよくわかります!
YouTubeの聖徳大学チャンネルをぜひご覧ください♪

※ ツイッター・インスタグラムも日々更新しています!

PAGE TOP