短期大学部 総合文化学科

【授業紹介】秋学期の調理実習

21.10.21


————————————————————————————————–

秋学期対面実習が始まり、早1ヵ月が経ちました。
今回は1年生の基礎調理実習と2年生の中華の調理実習をご紹介したいと思います。

料理の基礎を学ぶ基礎調理実習では、ご飯の炊き方、出汁の引き方、包丁の使い方などから丁寧に学ぶことができます。

初回は豚肉の生姜焼きに千切りキャベツを添えたメニューでした。

初回は道具の使い方や衛生面も学んでいきます。
各自、食器などを洗う人、材料を切り揃える人などコミュニケーションを取りながら進めていきました。

美味しい料理を前に黙食となりますが、学生は満面の笑みで試食していました。

次に2年生の中華の調理実習をご紹介します。

写真は定番のエビのチリソースと肉団子です。

そしてこちらが杏仁豆腐。
中華のデザートといえばやはりこれが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

授業では馴染みのあるメニューはもちろん、珍しい料理にも触れることができます。先生が料理のデモンストレーションをしながらその料理の由来を詳しく説明し、学生はそれを集中してノートに記録します。そうしてその後、実際に調理作業に取り掛かります。

こちらはテレビ局の取材が入り、先生がリポーターの質問に答えているところです。
見ていた学生たちも緊張した一コマです。

一通り調理・盛り付けを行ったら試食の時間です。毎回、先生ご自慢の味に学生たちから歓声が上がります。

以上で調理実習の授業紹介でした。
コロナ禍についてはまだまだ油断できませんが、これからも感染対策をしっかり行った上で対面の実習授業を続けていきます。

総合型選抜C日程の出願が始まりました! 10/20(水)~10/27(水)
くわしくはこちらからご覧いただけます。

チバテレの情報番組「モーニングこんぱす」内で、総合文化学科が紹介されました。
YouTubeの聖徳大学チャンネルにて、公開しています。どうぞご覧ください♪

*総合文化学科のWEBオープンキャンパス特設ページこちら

※ ツイッター・インスタグラムも日々更新しています!

PAGE TOP