短期大学部 総合文化学科

地域貢献活動をBISOCIE新聞にまとめました!(その3)

21.09.06


———————————————————————————————————
総合文化学科が学科を挙げて取り組んでいる授業に「地域貢献活動の実践」があります。
授業で取り組んだ活動の成果は、7月の中間報告会、12月の最終発表会で報告し、最後は「BISOCIE新聞」にまとめています。

今まで、その1では「製菓・フードの名品作りグループ」と「クマちゃんの仕立て屋さんグループ」、その2では「マツドテアグループ」「交通安全マップ制作チーム」「子ども食堂チーム」の「BISOCIE新聞」をご紹介しました。
今回はその3として、松戸市の岩瀬自治会南房総市と連携して取り組んだ活動をご紹介します。

・岩瀬自治会との交流

岩瀬自治会は、サークル活動やイベントなど、とても活発な自治会です。地元の皆様にたくさんのことを教えていただき、貴重な社会体験の機会となっています。

・南房総市の昔話・民話の絵本制作

南房総市は”域学協働”のさまざまな取り組みをなさっていて、本学でも、絵本制作のほか、地元の名産品を使った名品作りや房州うちわのデザイン案の提案など、さまざまな協働事業をさせていただきました。南房総市のホームページでも紹介していただいているのでぜひご覧ください。

報告その4は、図書館活性化グループで、9月16日の予定です。ぜひ楽しみにしていてくださいね!

*総合型選抜A日程の確認面接が始まっています。9月からはいよいよ出願書類の提出となります。
くわしくはこちらからご覧いただけます。

 総合文化学科のWEBオープンキャンパス特設ページこちら

※ ツイッター・インスタグラムも日々更新しています!

PAGE TOP