短期大学部 総合文化学科

【授業紹介】聖徳教育「シリーズコンサート」

20.09.28

みなさん、こんにちは。
朝晩、だいぶ涼しくなり、秋の気配が増していますね。
さて、秋は「芸術の秋」とも言われますが、聖徳教育の中には、音楽や芸術を鑑賞するシリーズコンサートがあります。

原点は、1970年にドイツから著名なピアノ演奏家を招いたことにさかのぼるそうで、「本物を見て学んでほしい」という、本学ならではの授業です。
内容は、オーケストラ、ピアノ、オペラ、バレエ、合唱、能楽、文楽、落語・・等々、本当に多彩です!(下図は2019年度のコンサート)
学部・学年ごとに、指定されたコンサートに出席するのですが、座席に余裕があれば、何度でも参加することができます。

今年の春学期はコロナ禍で開催ができませんでしたが、秋学期からは特別にリモートで視聴できるようになりました。
また内容は、やはりコロナの影響で海外の方の公演はありませんが、たとえば高島ちさ子さんなど、メディアでも活躍している著名な方々の演奏会となっています。

先日、授業や学生生活に関する学生ヒアリングを行ったのですが、「聖徳に来てよかったことは?」と聞くと、シリーズコンサートを挙げた学生が多数おりました。
「自分でチケットを買うのは大変だけれど、オペラやバレエなど、なかなか見られないものを見られるので、本当によかった」
「クオリティがすばらしい」
「パイプオルガンがあるので驚いた」等々。

そう、実は聖徳大学の川並香順記念講堂にはパイプオルガンがあるのです!
世界的に有名な、オランダ・フロントロップ社製のパイプオルガン(移動式)で、設置当時は、国内ではNHKホールに次ぐ規模で話題になったそうです。
卒業式などの行事の際はパイプオルガンが登場し、荘厳な演奏をバックに校歌を歌うのが定番となっています。

本学の社会人向け講座には、パイプオルガンを弾く講座もあるので、「弾いてみたい!」というかたはぜひ申し込んでくださいね。

大学ポートレートhttps://up-j.shigaku.go.jp/聖徳大学の写真より

さて、今年のシリーズコンサートは、自宅に居ながら、家族で視聴することができます。
withコロナ時代のシリーズコンサート。ぜひ”本物の音”を楽しんでくださいね!

<お知らせ1>
10月3日(土)13:00~15:00、ミニオープンキャンパスを開催します!
短期大学部(総合文化学科、保育科)限定です。
お申し込みはこちら

<お知らせ2>
10月11日(日)オープンキャンパスを開催します!
お申し込みはこちら
[午前の部]10:30~12:00〈対象:高校1・2年生〉
[午後の部]13:00~15:00〈対象:受験生〉
[受験生向け体験プログラム]10:30~12:00/13:00~14:30 面接体験(7号館5階)

<お知らせ3>
11月22日(日)、来校型のオープンキャンパスを開催予定です。詳細が決まり次第、ブログでお知らせいたします。

<お知らせ4>
WEB上でのオープンキャンパスを開催中ですので是非ご覧ください!
大学のWEBオープンキャンパス特設ページこちら
総合文化学科の特設ページこちら

図書館司書・ITコース紹介はこちらから
ファッション・造形デザインコース紹介はこちらから
フードマネジメントコース(フード)紹介はこちらから
フードマネジメントコース(製菓)紹介はこちらから

※ ツイッター・インスタグラムもぜひご覧ください!

PAGE TOP