短期大学部 総合文化学科

【在学生紹介】観光・ホテルブランチ2年生のご紹介♪

19.12.02

皆さん、こんにちは!
いつも、総合文化学科のブログをお読み下さって、ありがとうございます!

さて、今日は、観光・ホテルブランチ(2019年度より、国際観光・ホテルコースに名称変更)2年生の活躍をご紹介しますね♪
観光・ホテルブランチ2年のHさんは、熱心な努力家で、正義感が強く、何事にも積極的に取り組む、観光・ホテルブランチのエース級の1人です!
発表会などでは、積極的に人前で発表を担当してくれる、とても頼もしい人材です。

埼玉県出身の彼女が、どうして松戸にある聖徳大学短期大学部総合文化学科を選んだのか、色々とお話を伺いました。

Hさんが高校生の時に進路を選ぶとき、どうしてても外すことができない3つの条件があったそうです。
まずひとつは、短大であること。 元々短大進学志望だったそうです。
ふたつ目は、将来ホテルのフロントなどで働きたい、という夢を持っていたので、ホテルの仕事について学べることが出来ること。
観光・ホテルブランチは、名前にホテル、と付いているように、ホテルに就職希望の方には人気のコースです。
そしてもうひとつ、高校時代からハンドボール部で活躍していたHさんは、進学してもハンドボールを続けたくて、ハンドボール部がある学校を探したそうです。
この3つの条件にぴったり重なったのが、本学、聖徳大学短期大学部総合文化学科観光・ホテルブランチだったそうです。

ホテルウーマンに憧れていたHさんに、本学の観光・ホテルブランチで学んだ授業について伺いました。
まず、Hさんがあげたのが、「小笠原流礼法基礎講座」です。
本学では、短大生、4大生、すべての学生に、小笠原流礼法の授業が必修です。
日本の美しい所作を学ぶこの授業は、慣れないと面倒だったり、嫌だなぁと思う学生もいるようです。
しかし、将来接客業に就きたいと思う学生にとっては、かけがえのない貴重な授業です。
実際、卒業生の中には、礼法のテキストを職場に持って行って、活用している、という人もいます。
小笠原流礼法の基礎を学べる、ということは、とても貴重な機会のようですね。

それからHさんが挙げたのが、「ブライダル産業論」と、「ゲストサービス演習」です。
ホテルだけでなく、ブライダル関係にも関心があったHさんは、ブライダル産業についての授業がとても魅力的だったそうです。
残念ながら、カリキュラム改正により、この授業は現在はありませんが、この授業を担当してくださった先生の授業は必修科目です。
機会があったら、この先生にブライダル産業のお話もして頂けると思いますよ。
また、「ゲストサービス演習」では、実際のカトラリーやシルバーを並べたり、使ったりして、サービスの基本を学んでいきます。
実践的で面白い授業で、毎年どの学生さんからも人気の授業です。

また、暗記が得意、暗記が好きだ、というHさんは、世界遺産について学ぶ授業も楽しかった、といっています。
実は、本学では、世界遺産検定の団体受検をすることもできます。
Hさんの他にも、世界遺産の授業が楽しくて、世界遺産検定にチャレンジしようとしている学生さんもいるんですよ。
世界遺産を学ぶことは、世界の地理、歴史、文化を学ぶことです。
世界旅行をした気分になれるかもしれませんね♪

一方、英語が苦手だ、というHさん。
確かに入学したときは、英語の授業がちょっと嫌だったようです。
部活の疲れもあって、時々居眠りをすることもあったような…(内緒ですよ!)
でも、元々努力家のHさん。
今では、英語のスピーチを堂々とできるようになりました。
2年間で、英語にちょっと自信が付いたのではないでしょうか!?
観光・ホテルブランチ(国際観光・ホテルコース)では、英語ネイティブの先生の授業も必修科目であります。
英語力を上げるにも、もってこいですね!

聖徳大学短期大学部総合文化学科で嬉しかったことのひとつに、生涯の友(大げさかな?)と出会えたことがあります。
同じ観光・ホテルブランチのSさんです。
2人は仲良し♪
旅行の時も、いつもつるんでましたね。

そんなHさん、最初に書いたとおり、すごいスポーツウーマンです!
ハンドボール部では、キーパーとして大活躍!
先日の聖徳祭では、千葉大学のハンドボール部を招待して、卒業年次生の引退試合がありました。
短大2年生、学部4年生の部員の引退試合です。
Hさんは、スタメンで大活躍!
ピンチの際にはシュートブロックをし、声を出して仲間を鼓舞します。
本学のハンドボール部は、この試合見事勝利を収めましたよ!!

いかがですか?
Hさん、とてもかっこいいと思いませんか?
そんなHさんですが、卒業後の就職もすでに決まっています。

入学時にはホテルへの就職を希望していましたが、同じ接客業ですが、少し進路に変更がありました。
なんと… フィットネスジムのスイミングのコーチです!!
ハンドボールだけでなく、子供の頃から水泳が得意だったというHさん。
聖徳大学短期大学部総合文化学科観光・ホテルブランチでの学びを活かして、スイミングコーチとしてお客様と接する仕事に就くそうです。
1年間働いた後、資格試験に合格すれば、フィットネスインストラクターの資格も取れるかもしれないそうです。
卒業後も益々輝きを増すであろうHさんの、今後の活躍から目が離せません!!

高校生の皆さん、いかがでしたか?
Hさんが特別なんだ、って思った方もいらっしゃいましたか?
でも、Hさんも、聖徳大学短期大学部総合文化学科の学生の1人です。
本学に入学してくる1人1人に、それぞれのエピソードがあり、それぞれのストーリーがあります。
また機会がありましたら、総合文化学科の学生のご紹介をしますね♪
楽しみに待っていてください!!

*ブログテーマ一覧はこちらから。

PAGE TOP