短期大学部 総合文化学科

【コラム】温泉大好き:その2

19.11.04

<公開授業のお知らせ>
下記の写真をクリックすると、案内ページに飛びます。

【コラム】温泉大好き:その2

こんにちは。早坂です。前回のブログのクイズは解けましたか?

松村先生、模範解答を有難うございました。

 

学生の皆さんは温泉が好きですか?

近代的な建物で、エステがある設備が整ったホテルを好まれるのでしょうか?

私の好みは、部屋数が多くても30室くらいのこぢんまりとした旅館が好きです。

できれば道路の行き止まりに旅館が1軒ぽつんとあり、携帯電話の電波も入らないようなロケーションにある温泉旅館が好きです。

温泉の泉質は硫黄泉が好きです。学外研修Ⅰで訪れた志賀高原の熊の湯、途中通過した万座温泉も硫黄泉です。学外研修Ⅱの北海道で宿泊する川湯温泉、登別温泉も硫黄泉です。

北海道では十勝川温泉にも宿泊します。モール温泉と言って日本でも珍しい泉質です。お肌がツルツルになる美肌の湯としても有名ですよ。

 

「日本秘湯を守る会」という団体があります。

私はこの加盟旅館に行くのが好きです。10泊すると1泊無料で泊まれるスタンプ帳がありますので、宿泊する方はフロントで「スタンプ帳を下さい」と言ってください。また、各旅館のスタンプに個性があって、それを集めて見るのも楽しみの一つです。

それでは、私のおすすめ旅館を紹介します。

1軒目は前回紹介した「丸駒温泉旅館」。

2軒目は、宮城県鳴子温泉郷の中山平温泉にある「うなぎの湯 琢ひで」です。うなぎの湯と称するくらいお湯がヌルヌルしています。片栗粉を溶かしたようなお湯です。アルカリ性の強い美肌の湯ですから女性に人気の宿です(蛇足ですが、創業の亡き女将が私の中学の先輩でした)。

3件目は栃木県塩原温泉元湯にある「大出館」です。この温泉の珍しいのは、源泉は無色透明なのですが、空気に触れると黒く変化する「墨湯」です。日本でこの旅館にしかないといわれる源泉です。鉄分が豊富に含まれた温泉です。

 

これから紅葉の季節が始まります。いずれの旅館も紅葉のきれいなスポットが近隣にありますので、紅葉狩り楽しみながら温泉でホッと一息ついて、心と体をリセットするのには最高の場所だと思います。

*ブログテーマ一覧はこちらから。

PAGE TOP