短期大学部 総合文化学科

松戸菓子まつりに参加しました‼

19.10.27

先日の千葉県を中心とした豪雨による被害を受けられました皆様に、
深くお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

総合文化学科の学生は、例年『松戸菓子まつり』で販売や調理補助のお手伝いをしています。
今年も昨日10月27日(日)に、第10回松戸菓子まつり2019が開催されました。
天候にも恵まれ、お子様連れのご家族を中心に多くの来場者で賑わい、大盛況に終わりました(^^)/。

午前中の主なイベントは、つきたて餅の販売と、揚げパンの販売でした。
お餅の販売を担当した学生は、和菓子職人さんがちぎったアツアツでつきたてのお餅を、
あんこやきな粉、大根おろしと和えて、パックに詰めます。これが1パック100円(!)での販売ですので、販売開始後、すぐに長蛇の列が(>_<)!
そんな中、はじめは戸惑いながらも皆で作業を分担し、チームワークを取りながらお客様の希望の商品を袋につめ、お会計を行いました。

お餅の販売の横では、揚げたてパンの販売です。パティシエさんが揚げたパンに、ココアやきな粉、砂糖をまぶし、袋に詰めていきます。

どちらも12時過ぎには完売!

ということで、皆さんと一緒に記念写真!みんな、良い笑顔ですね!(*^_^*)。

続いて午後の部では、子供のロールケーキ作り体験のお手伝いです。
参加者の方は、ロールケーキの生地にクリームを絞り、巻いていきます。
出来上がったケーキは箱に詰めて、お持ち帰りです。
学生は、ロールケーキ生地や生クリーム、完成したケーキを包むフィルムや箱等を各作業台に配ります。
ケーキ作り体験は、合計3回行ったので、途中バタバタすることもありましたが、無事に終了しました!

最後に、お菓子販売コーナーです。
松戸市内の和菓子屋さんや洋菓子屋さんのお菓子を取り揃えた販売コーナーで、接客販売です。
初めは緊張して、なかなか声も出ませんでしたが、次第に元気に声出しも出来るようになりました(^o^)!

たくさんの声出しをしてお客様を呼び込み、
イベント終了の10分前に、完売!!
全てのイベントが無事に終了しました。

作業は大変で疲れたという素直な感想もありましたが、お手伝いを通じて社会貢献することができ、大きな充実感を得ることが出来たようです。
学生は今回の経験を通じ、改めて地域貢献の大切さを感じることができたことと思います!

*ブログテーマ一覧はこちらから。

PAGE TOP