短期大学部 総合文化学科

【ニュース】村山隆雄先生が瑞宝中綬章を受章

19.06.26

こんにちは!

蒸し暑い日が続いていますね。

夏ももう目前です。

さて、今回は特に図書館司書・ITコースに関するニュースをお伝えしたいと思います。

聖徳大学の文学部教授で、聖徳大学川並弘昭記念図書館の館長でもある村山隆雄先生が瑞宝中綬章(ずいほうちゅうじゅしょう)を受章されました。

講談社の『勲章・褒章がわかる事典』によると瑞宝中綬章とは、

日本の勲章の一つで、瑞宝章6つのなかで3番目に位置する。
(中略)
2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、4番目の瑞宝小綬章以上を授与するとなっている。
一般行政事務での瑞宝中綬章の対象者は中央省庁の部局で長を務めた人で、そのほかでは大学教授に多い。
伝達は所管大臣が行う。
◇英訳名はThe Order of the Sacred Treasure, Gold Rays with Neck Ribbon。

だそうです。

村山先生は、聖徳大学への赴任前は国立国会図書館に奉職されており、国際子ども図書館の館長も務められました。

今回の叙勲は、図書館界における長年のご功績が認められた結果となります。

村山先生は短期大学部の図書館司書・ITコース(もちろん図書館司書ブランチも)の科目をご担当なさっています。

担当科目は、図書館概論、情報資源概論、図書館制度・経営論です。

初学時である1年生の春学期には、図書館学の基礎をやさしく丁寧に教えてくださいます。

基礎部分はその後の学びにも大きく影響を与えるので非常に重要です。

また2年生時には、図書館長のご経験を活かし、図書館を経営するという観点にたって、よりマクロな視点から図書館を捉える方法についてご教授くださいます。

そんな村山先生の授業を受けることができる聖徳大学で学んでみませんか?

その他の科目など、カリキュラムの詳細についてはオープンキャンパスにてお伝えすることができるかと思いますので、ぜひ一度オープンキャンパスにお越しください。

お待ちしております。

*ブログテーマ一覧はこちらから。

PAGE TOP