短期大学部 総合文化学科

【卒業生の紹介】ファッションブランチ

19.01.30

今日は1月30日。
そう、もう1月も明日で終りです。
ついこないだ「明けましておめでとう」と言っていたような…。
2019年はすでに1ヶ月が経過しようとしています。
月日が経つのは早いですね(^▽^;)

大学は今週の月曜日に秋学期の試験が終了し、長~い春休みに入りました(^^♪
追再試験がなければ、在校生は3月末に行われるオリエンテーションまでお休みで、
卒業年次生は3月の卒業式を迎えるのみ。

就職への意識が高い1年生は、自発的に春休み中に開催されるキャリア支援課主催のSPI対策講座を受け頑張っています。
3月1日の解禁日を目指して準備万端ですね。

このように大学では、エントリーシートの書き方を指導したり、個別面談ガイダンスを行うなど、
学生達の就職をサポート・応援するプログラムが整っています。
その結果として聖徳は圧倒的に就職力が高いのです。

さて、今回は昨年3月にファッションブランチを卒業し、
㈱ストライプジャパンに就職したHさんをご紹介します。

配属先は地元の茨城県の店舗でしたが、今年の1月よりなんとアトレ松戸店に移動になりました。
「2年間通った松戸にまた来ることが出来て、とても懐かしい」と話してくれました。

Q.仕事時間や休暇は?
A.勤務時間は8時間でシフト制。休憩は1時間を小分けにして取る事ができるので、ずっと立ちっぱなしでも疲れません。
休暇は月に9日。
6月、7月、12月、1月のセール時期以外は指定休が取れます。
指定休の他に、年に1回、7連休と6連休(3連休を2回でも良い)がもらえます。
アパレルの会社には珍しく、プレミアムフライデーがあるので、毎月1回早帰り(14:30)ができます。
ノルマは無く、給料にも関係しません。

Q.つらい事は?
A.特にないですが、しいて言うならシフトの時間がバラバラなこと。
生活リズムが崩れるので、体調には気を付けています

Q.会社や仕事のギャップは?
A.入社前は新人は仕事を押し付けられたり、残業を強要されると思っていたけど全くそんなことはなく、
分からないことは1つ1つ丁寧に教えてもらえるし、上司は残業をしていても他のスタッフは先に帰らせてくれるなど、とても働きやすいです。
とにかく周りがとても優しくて雰囲気が良いです!

Q.在学中に学んだ事が役に立っているか?
A.とても役立っています!
特に取扱いの絵表示についてはお客様にとてもよく聞かれます。
素材やアイロンかけの事、しわになりやすいかなども聞かれるので衣料管理士の資格がとても役立っています。
よく学生時代の教科書やノートを見返しています。
あと、お直しのアドバイスなどはファッションブランチで洋服を作った経験が役に立っています。

Q.洋服の販売について
A.お客様のニーズを聞き出して接客します。
洋服を勧めるためには、それぞれのアイテムの商品知識を勉強する必要があります。
自分が選んだ洋服をお客様が気に入ってくれるととても嬉しいです。

Q.受験を考えている高校生に一言
A.とにかく基礎から丁寧に教えてくれるので、苦手な教科や不安な実験も安心して学べました
衣料管理士の資格は販売職にはもちろん、家庭生活でもとても役立つ知識なのでお薦めです。

卒業してもうすぐ1年。
学生時代も笑顔が素敵な彼女でしたが、今はとても綺麗になりキラキラと輝いて見えました(o^^o)

*ファッションブランチは、平成31年度から「ファッション・造形デザインコース」になります。

ファッションブランチのブログ一覧はこちらからご覧になれます
ブログテーマ一覧はこちらから

PAGE TOP