短期大学部 総合文化学科

【コラム】括弧のはなし(その6)

18.11.12

多種類括弧の変奏

Webページを作成するときに使うHTMLという記法をご存知ですか.
たとえば,今このページのソースを表示する(Webブラウザによって操作方法が異なります.たとえば,Google Chromeだと画面上でマウスの右ボタンをクリックすると,メニューが出てきます.「ページのソースを表示」という項目を選択する)とHTMLの記法で書かれたこのWebページのテキストデータが出てきます.実際のWebサイトそうとうゴチャゴチャしていますが,大雑把にいうと


<html>
  <head>
    ごちゃごちゃ
  </head>
  <body>
    ぐちゃぐちゃ
  </body>
<html>

のように書かれています.ここで,「<」と「>」に囲まれているマークのことをタグといいます.このタグには「開始タグ」には「終了タグ」の2種類があります.この2つのタグで「括られた」部分を要素(element エレメント)といいます.たとえば,


  <head>
    ごちゃごちゃ
  </head>

この部分をhead要素といいます.開始タグは「<要素名>」,終了タグは「</要素名>」です.開始タグと終了タグの両方で要素を「括る」役割をしますので,機能としては括弧と同じです.いわば,名前付き括弧ですね.

※ITコミュニケーションブランチは平成31年度から,「図書館司書・ITコース」になります.

ITコミュニケーションブランチのブログはこちらからご覧になれます
ブログテーマ一覧はこちらから

PAGE TOP