短期大学部 総合文化学科

卒業生の活躍報告!(観光・ホテルブランチ)

18.08.24

みなさん、こんにちは!
中学生、高校生のみなさんは、もうすぐ夏休みが終わっちゃう…という方も多いのではないでしょうか。
残り少ない夏休みを楽しく過ごしたい!と思っている方は、聖徳のオープンキャンパスで半日を過ごしてみるのはいかがですか?
今度の週末は、25日(土)、26日(日)と2日連続でオープンキャンパスが開催されます。
もちろん、総合文化学科のブースも更にパワーアップして、皆様を心からお待ちしております。
25日(土)は、「平安女性のファッション(女性装束<十二単>)を楽しもう!」
26日(日)は、「調理のキホン①包丁の正しい持ち方と野菜の切り方を練習してみよう!」
という、楽しい体験授業も開かれますよ。
是非是非、ふるってご参加下さい。

オープンキャンパスの詳細は、22日(水)のブログを参考にしてくださいね。

さて、皆さんは、夏休みの間、短大の先生方は何をしていると思いますか?
授業がお休みだから、短大の先生も夏休み満喫!
なんて、思っていませんか?

いえいえ、実は、夏休み中も出勤していろいろなお仕事をしていますよ。
授業の準備や書類作成、通信教育の夏期スクーリング等々・・。
もちろん、並行して、自分の研究も行います。

そんな仕事中に、嬉しいごほうびがありました!
去年の3月に卒業した、観光・ホテルブランチの卒業生が、研究室に遊びに来てくれたのです!!
なんの予告もなく、サプライズだったので、びっくり!!
2時間近く、おしゃべりを楽しみました。

  

卒業生の1人、Fさんは、現在大手の自動車販売店に勤めています。
勤続1年を過ぎ、仕事にも大分慣れてきたかと思いきや、やっぱり予想外の出来事がたくさんあるそうです。
この前は、急に回ってきた仕事でオーバーワーク気味になり、でも先輩方もたくさんの仕事を抱えているので、頼るわけにもいかないし…
と一人で頑張っていたところ、先輩方に「どうして頼ってくれないの!」と言われてしまったそうです。
自分1人で頑張ることも大切ですが、困ったときには先輩に頼ることも必要で、それができる人間関係を、普段から築いておくことも大切なのですね。

Fさんの職場には、社長さんなど管理職のお客様も大勢お見えになるとのことで、
そんなときに役に立つのが、小笠原流礼法だそうです!!
短大生時代に使っていた礼法のテキストを職場に持参したところ、
職場の先輩方から、「礼法をやってる短大があるんだ!」と、びっくりされたそうですよ。
ちょっと嬉しい話ですね。

もう1人のKさんは、建設・不動産系の会社に勤めたのですが、配属先は介護部門で、1年間、介護施設で働きました。直接人間の死に携わるような職場で、人の生き方や家族のあり方を考える、さまざまな体験をすることができたそうです。

経験を重ねる中で、職場の方からの信頼を受け、フロアを1人で任されるようになりましたが、ご病気を抱えている高齢者の方々のお世話は、気苦労も多かったそうです。
でも、この仕事を経験してとても良かった、と明るく話してくれました。

今は介護の仕事を辞め、専門学校のエアライン学科に通っています。
実はKさんは、短大に入学したときから、将来は航空関係に勤めたい、と願っていました。
でも、一旦別の会社で社会経験を積んでから、改めて航空関係の勉強をしよう、と固く心に決めて、去年1年間働いてきたそうです。
社会を経験したことで、学生生活のありがたさがとてもよく分かるし、学生生活の楽しさが本当に実感できる、といっていました。
彼女の目はキラキラと輝いていて、とても美しかったです。
来年の今頃は、希望の仕事の就職内定を貰っていると良いですね。

聖徳大学短期大学部総合文化学科観光・ホテルブランチの卒業生は、様々な方面で活躍中です。
また機会がありましたら、卒業生の活躍の様子をご報告しますね。

皆さんも、聖徳大学短期大学部総合文化学科で、社会に貢献できる人材となれるような学びを体験してみませんか?
教員一同、心から皆さんをお待ちしております。

*観光・ホテルブランチは、平成31年度から、「国際観光・ホテルコース」になります。

PAGE TOP