短期大学部 総合文化学科

COC+の合同シンポジウムを開催しました

18.02.22

聖徳大学短期大学部は、平成27年度文部科学省「地(知)の拠点大学による
地方創生推進事業(COC+)」に採択されました。
この事業内で千葉県南房総市と協働して様々なプロジェクトを提案し活動しています。

今回のシンポジウム内での「学生の事例発表」で
フード・調理ブランチの学生が南房総市での活動を発表しました。

それは「万能さんが焼きそぼろ」の商品開発です。
この商品は2月4日に行われた「南房総名品づくりグランプリ」に出品し、
みごと敢闘賞を受賞しました。

この「万能さんが焼きそぼろ」を商品化するまでの経緯や商品開発を通して
学んだ事などを発表しました。

産業界、官庁、金融業の方々を目の前に堂々とした発表でした。
その他に本学保育科、千葉工業大学の4年生が発表し、とても素晴らしかったです。

PAGE TOP