短期大学部 総合文化学科

帝国ホテル田中総料理長の講義がありました!

17.10.22

 

10月12日(木)、本学客員教授の帝国ホテル東京総料理長田中健一郎先生が、
本学にお見えになりました。
午前より人間栄養学部の実習の授業を行い、その後、観光・ホテルブランチの
「ホテルサービス演習(料飲)」という授業の講義に来て下さいました。

田中先生たってのご希望で、コックコートのままでの講義です。

観光ホテルブランチの2年生が出席しました。
彼女たちは、9月にホテル実習で帝国ホテルに一泊し、
そこで帝国ホテルのサービスについての講義を受けました。
よって田中先生のお話も、より理解しやすかったようです。

田中先生は、まず学生に、「サービス」、「おもてなし」、
という言葉の意義を問いました。
私たちは、サービスをする、とか、おもてなしの心、などと言いますが、
その言葉が持つ内容は、一人一人違って感じることがあります。
また、おもてなし、を英語で言い換えるとhospitality になりますが、
その語源はhospital、つまり病院から来ている、ということをお話し下さいました。
そして、卒業したら就職する先はそれぞれ違うけれど、
「相手が喜ぶことが自分の喜びにつながる」という気持ちで働いて欲しい、
という田中先生のお言葉を頂きました。

田中先生のお話を聞く学生のまなざしは、みな真剣そのものでした。
最後に、質疑応答の時間があり、
学生からは、「一つのメニューを作るのに、どれぐらい時間がかかりますか?」
「集中力が切れたときには、どのようにリフレッシュしますか?」といった質問が出ました。
そのお答えは、田中先生ならではの、ユニークなものでした。

普段お仕事をされているときは大変厳しい田中先生ですが、
この日は短大生相手ということで、とてももの柔らかな口調でお話し下さいました。
帝国ホテルのサービス論「100-1= 」を田中先生が学生に問いかけたとき、
既にこの話を学んでいた学生が正解を言ってしまうと、田中先生も笑っていらっしゃいました。
とても有意義な講義を受けることができて、学生も嬉しかったようでした。

 

PAGE TOP