心理・福祉学部 社会福祉学科

在校生・卒業生の声

在校生の声

社会福祉コース4年 髙橋萌子さん

入学の決め手

小さい頃から人と関わることが好きだったこともあり、誰もが暮らしやすい街のために地域支援できる社会福祉士の仕事に興味を持つようになりました。また、ボランティア経験から、障がいを持つ方を支える精神保健福祉士にも興味を持っていたので、そのどちらも取得できる聖徳に進学しました。

印象に残っている授業

「ソーシャルワーク論」
ソーシャルワーカーに必要な、知識や実践方法について学びました。まずVTRで実際の事例を見てから学ぶので、現場の様子を想定できました。クラスメイトと実際にやってみるロールプレイも多く勉強になりました。


介護福祉コース 3年 梁島さきさん

入学の決め手

中学生の頃から福祉関係の仕事に就きたいと考えていたので、複数の福祉系国家資格の取得を目指せることが一番の決め手になりました。また、介護演習のための設備が充実していることも魅力的でした。実際入学してみて、同じ目標を持つ仲間が多く、刺激し合いながら学べるのが嬉しいです。

印象に残っている授業

「介護実習Ⅰ-1、2」
デイサービスと、特別養護老人ホームで、それぞれ1週間ずつ実習を行いました。デイサービスでは、レクリエーション活動の企画を担当させていただきましたが、約20名の利用者さますべてに楽しんでもらうのは大変だと感じました。


養護教諭コース 4年 北﨑沙弥さん

入学の決め手

夢である養護教諭の分野に特化したコースがあること、その中でも社会福祉と養護教諭の仕事を関連づけて学べることから聖徳を選びました。また、オープンキャンパスで、子どもの問題と社会のつながりについて、わかりやすく説明してくださったことも印象的でした。

印象に残っている授業

「養護教員採用試験 試験対策」
あらゆる角度から採用試験の対策ができます。特に小論文は、毎回先生方が丁寧に読んでくださり、良かった点、改善点を明快に教えてくださるので、文章が苦手な私でも諦めずに取り組めました。各都道府県別の対策があるのも嬉しいです。

卒業生の声

社会福祉コース 2015年卒業 柴田明日香さん
勤務先:我孫子市社会福祉協議会

地域の皆さんのより良い生活を支える役目。
聖徳での経験を活かして“ 頼られる存在”を目指します。

地域福祉の存在を知ったのは高校生の頃です。吹奏楽部に所属していて老人ホームや障がい者施設などへ演奏に行く機会があり、地域福祉の仕事に興味を持ちました。聖徳大学へ進学したのは、自宅からの通いやすさと、何かしらの資格を持てるのが魅力的だと思ったからです。授業で地域福祉への理解を深めて、大学4年次には、柏市の社会福祉協議会で1ヵ月間ほど実習をしました。実習期間中に開催された地域の祭りでは、ガーデニングの鉢植えを配るなどのお手伝いをしたり、近隣の皆さんと交流したりしました。その時の社会福祉協議会の職員の方の姿がとても印象的だったんです。社会福祉協議会が地域に根付いた支援をしていて、地域の方々に好かれていることが伝わってきて魅力的な職業に思えました。

在学中に取得した2 つの国家資格。
良い経験ができましたし、大きな武器になっています。

生まれ育った我孫子市の社会福祉協議会に就職して1年ほどです。事務局を務める民生委員児童委員協議会の業務として、総会や定例会の事務連絡、研修準備をしています。また、「あびこ後見支援センター」の業務にも携わっています。先輩方についていくので精一杯の毎日ですが、職場の皆さんに恵まれて、充実した毎日を送れています。社会福祉協議会の仕事は、困っている方がより良い生活を選べるよう支援することです。困っている要因は人それぞれですから、その人の立場で望んでいることを考える姿勢が大事だと思います。相談に来られた方が、地域の中で生活できるようになった姿を見ると、やりがいとともにこの仕事を選んでよかったと感じます。在学中に取得した社会福祉士と精神保健福祉士という2つの国家資格は、私にとって大きな武器になっています。実習先などでも働きながら国家資格をとるのは苦労するという話を耳にしました。勉強は大変でしたが、良い経験ができたと思います。社会福祉学科の先生方は、授業とは別に資格取得対策の時間を設けるなど、とても真摯に教えてくださいました。国家資格をとれたことは、先生方のご指導あってのものだと思います。

積極的に取り組む姿勢を身につけること。
そうすることで、就職してからも精一杯がんばれると思います。

資格取得の勉強に限らず、サークル活動やアルバイトなど、大学生の時にしかできないことはたくさんあります。これから聖徳で学ぶ皆さんには、その点を意識して過ごしてほしいです。掲げた目標を「忙しい」や「疲れた」を理由に諦めるのではなくて、積極的に取り組む姿勢を身につけること。そうすると、就職してからも精一杯がんばれると思います。また、社会に出てからは年上の方との関わりが多くなるものです。同年代だけでなく様々な人と交流し、コミュニケーション能力を備えておくことが大切です。私自身は、聖徳での4 年間のうちに何かしらの成果を得たいという気持ちが強く、「やるからにはとことんやろう」と、国家資格の取得を目指しました。また、4年間つづけた学習塾での講師のアルバイトも貴重な経験でした。個別指導で、同じ教科・単元であっても、生徒によって理解度や言葉の捉え方は異なります。どうすれば相手の理解が進むかを考えながら対応した経験が仕事に役立っていると実感しています。今、社会福祉協議会という地域福祉の現場で、社会福祉士の需要の高まりを感じています。幅広い分野で活躍していきながら、地域の皆さんに「社会福祉協議会に行けば柴田がいる」と、頼ってもらえるような存在を目指します。

職場の方からのメッセージ

コミュニケーション能力が求められる社会福祉協議会の仕事。
プロとしての仕事ぶりに期待しています。

社会福祉協議会という組織は、地域のお年寄りや成人を支える役目があります。我孫子市に安心して住み続けてもらえるよう、地域の中でなくてはならない存在です。日々の業務では、様々な方と話をする機会があります。相手の話をしっかり受け止めて理解すること。理解した上で適切で的確な対応をすること。そういったコミュニケーション能力が求められます。聖徳大学出身の方は、柴田さんに限らず、きちっと自分の職域の中でまじめにがんばる堅実なイメージが強いです。これからもプロとして一人前の仕事をしていただけるよう期待しています。

我孫子市社会福祉協議会 会長 湯下 廣一さん


養護教諭コース 2016年3月卒業 三浦桃花さん
東京都養護教諭就職決定

養護教諭コースの先生方の対策講座のおかげで1年次から目標が鮮明に。

聖徳を選んだのは保育士と養護教諭の二つの資格を取得できるからです。養護教諭は狭き門と覚悟していましたが、コースの先生方の実践的な講座のおかげで夢を叶えることができました。特に1年次からはじまった養護教諭コースの対策講座は、知識はもちろんのこと、実際に教壇に立っていた先生方のお話が聞けて、1年次から4 年間モチベーションを高く持ち続けることができました。

1年次

すでに、過去問や小論文の添削、面接の情報など、試験に向けての実践的な指導が始まり、勉強になりました。

2年次

保育士と養護教諭の取得に向け、4年間で一番ハードな年でした。一番多いときで課題も含め26教科もテストが。

3年次

実習スタート。養護と保育士併せて5つの学校や施設へ。特に児童養護施設への実習はとても印象深いです。

4年次

ひたすら問題集と小論文に取り組みました。特に小論文は「合格」が出るまで何回も提出。すごく力がつきました。

PAGE TOP