心理・福祉学部 社会福祉学科

学科・コース紹介

社会福祉コース

日々の暮らしの中で様々な問題を抱え、自分や家族の力だけでは解決できずにいる人々に、専門的な知識と技術を用いて支援する仕事が社会福祉士、精神保健福祉士、保育士などの社会福祉専門職(ソーシャルワーカー)です。
けれども、専門的な知識と技術だけでは支援を求めている人々に真に応えることはできません。社会福祉専門職に最も大事なことは、援助を求めている人々の苦しみや困難に誠実に向き合うことができる「ひたむきな心」を持つことです。
社会福祉コースでは、確かな知識と技術を持った、人間性の豊かなソーシャルワーカーの養成を目指しています。

コース主任からのメッセージ

夢に向かって4年間一緒に頑張りましょう。

心理・福祉学部
社会福祉学科社会福祉コース主任

教授 川池 秀明

介護福祉コース

介護福祉士の仕事は、身体上や精神上の障がいがある人に対して、多角的なサポートを行い「よりよく生きる」を支えるというその人の人生と深くかかわる尊い仕事です。介護福祉士が活躍する場は施設だけではありません。地域で生活する人たちに対するメンタルケアや介護に関する相談や指導、介護を行う上での留意点を助言するのも仕事の一つです。
介護福祉コースでは、4年間のカリキュラムで、人が生きることに対する深い洞察力や豊かな教養、福祉制度や医療なども基礎からしっかりと学ぶことができます。
卒業後の進路は介護施設だけでなく、行政職、旅行代理店、一般企業と様々です。また介護福祉士として5年間のキャリアを積むと専門学校や大学の教員への道も開けます。
さあ、あなたの未来を介護福祉コースで広げましょう!!

コース主任からのメッセージ

主役はみなさんです。ファイト!

心理・福祉学部
社会福祉学科介護福祉コース主任

教授 赤羽 克子

養護教諭コース

最近、子どもたちを取り巻く社会状況の変化に伴い、いじめや貧困、虐待など、子どもたちの健康課題も複雑化・多様化しています。このような現代的な健康課題の解決には、学校や地域、関係機関等が連携・協働して対応することが求められています。
養護教諭コースでは、子どもたちの心とからだに寄り添い、健やかな成長を支援するために、現代的な課題にも対応できる福祉の視点を持った養護教諭の養成を目指しています。現場で多くの卒業生が活躍しています。
あなたも福祉の学びを活かして、学校現場で生き生きと働く養護教諭を目指しませんか。

コース主任からのメッセージ

夢の実現に向けて共にがんばりましょう!

心理・福祉学部
社会福祉学科養護教諭コース主任

教授 小林 芳枝

PAGE TOP