人間栄養学部 人間栄養学科

学部概要

「人に頼られ、喜ばれ、愛される管理栄養士」を目指して、“人々”を支えるための専門性を高める教育を行います。人間栄養学を探求する管理栄養士になっていただき、実践分野は保健、医療、福祉、産業、教育の5分野にとどまりません。“食”のあるところ、全てが管理栄養士を必要としています。大学院博士課程を有する管理栄養士の養成校とし、研究機関や大学の研究・教育者を目指す人材を育てるのも本学部の責務と考えています。

専門分野

管理栄養士の活躍分野は、大きく分けると、保健、医療、福祉、産業、教育の5つの分野に分けることができます。保健所、市町村保健センターなどの保健施設では、主として、健康増進と生活習慣病・メタボリックシンドロームの予防を目指して、地域栄養計画をプランニングし、栄養教育・食生活指導等をコーディネートします。病院などの医療施設では、医師の指導のもとに、看護師、薬剤師などとチームを組んで、患者さんの栄養療法にあたります。特に栄養食事指導、栄養補給(経口栄養法及び経腸栄養法)では中心的な役割を担います。児童・福祉施設、産業給食施設などの特定給食施設では、栄養の専門知識と技術をもち、大量調理の給食管理ができることを基本に、給食を介してその施設利用者の健康管理、食育活動に従事することが求められています。そして、幼稚園、小・中学校などの教育機関では、給食を生きた教材として活用して食に関する指導を展開する栄養教諭や食育の専門家として活躍が期待されています。

管理栄養士教育の基本的な考え方

“食”がかかわる広い分野で活躍することが期待されている管理栄養士の養成の基本と考えられるのが、科学的根拠に基づいた「栄養の指導」(EBNG: Evidence Based Nutritional Guidance)を実践する能力です。また、この考えに基づき、本学科は、管理栄養士としての専門性を高める教育、「人間栄養学」の修得を基本に、建学の精神「和」を尊ぶ環境のもと、思いやりの心や、人の輪や繋がりを重んじ、「人に頼られ、喜ばれ、愛される管理栄養士」の育成を目指します。この学科の教育目的を達成するために、厚生労働省の指定する科目群(82単位)に加えて、人間栄養学科独自の導入教育科目やキャリア教育科目、調理技能を高める実習科目群を設定し、実践力のある管理栄養士を育成します。また、「人のために力になりたい」というヒューマンサービスの精神を養い豊かな人間性を形成するために、聖徳教育や教養科目群などの全学共通科目群を設定しています。さらに、多種多様な資格免許取得のための科目群を専門選択科目として設けています。

人間栄養学科 教育目標

人の頼られ、人に喜ばれ、人に愛される管理栄養士を目指して!

  • 人に頼られる:科学的根拠に基づいた『栄養の指導」を実践することです。
    食べることは、通常一日三度、日常の習慣的な行動として営まれています。何が良くて、何が悪いのかも、あまりにも日常過ぎて分からないままに食べている人も多く、生活習慣病が増加しているのです。だからこそ、この日常の食行動に関する疑問を解き明かし、正しく行動するためには、科学の力が必要なのです。正しい食行動に関する知識(根拠)に基づいた、説明(“栄養の指導”)ができるようになることを目指しています。
  • 人に喜ばれる:調理・献立技術を身につけて、人に喜ばれるおいしい食事を提供することです。
    栄養学的に十分な献立が立てられるだけでなく、人の心を満たすおいしさまで提供できるように、調理実習の機会も充実しています。また、毎年一流の料理人を客員教授として招いて、一人ひとりの調理の技術を磨いています。
  • 人に愛される:あらゆる年代の人々と意思疎通をとることができて、好かれる人になることです。
    管理栄養士は“栄養の指導”で、さまざまな年代の方々と向き合うことになります。だからこそ人間性が大切です。本学では「聖徳教育」をはじめとする各種プログラムが用意され、人と真摯に向き合うための力を育みます。こうした能力は、職場で、指導対象者はもちろん、同僚や他の職種の方など様々な人たちと常に関わりながら業務を進める管理栄養士にとって、大いに役立ちます。

人間栄養学科3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

栄養・食の間題の解決を目指す質の高い管理栄養士・栄養教諭を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。

  1. 専門職業人としての意識と責任感が身についている。
  2. 管理栄養士に必要な知識と技能が身についている。
  3. 間題の本質を見抜き、適切な解決策を提案できる創造的思考力と、問題の解決に向けた行動をとる実践力が身についている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。

  1. 異文化の理解・社会情勢や自然・文化への理解とともに情報活用力・生涯学習力を育てる。
  2. 管理栄養士に必要な知識や技能を学修させる。
  3. 論理的思考力・コミュニケーション能力・チームワークリーダーシップ・創造的思考力を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。

  1. 管理栄養士になるという強い意欲と決意を持っている。
  2. 生物や化学が好きで、筋道を立てて物事を考えることができる。
  3. 明るくはきはきとして、人との交流を大切にし、人間性豊かで、礼節を重んじる。

学びの特長

学生一人ひとりのニーズに応じた管理栄養士を育成

単なる栄養素の供給として食事を提供するのではなく、身体や心、そして社会的存在をも高めるものとして「食」をとらえ、現代人の食と健康に対応できる管理栄養士の育成を目的に「人間栄養学」を学びます。人間栄養学を極めることが、科学的根拠に基づいた「栄養の指導」を実践することができる基礎となるからです。栄養士免許、管理栄養士免許(国家試験受験資格)のほかにも、栄養教諭一種、食品衛生管理者、食品衛生監視員、フードスペシャリスト(受験資格)など、さまざまな免許・資格を取得できるのも特徴です。管理栄養士は、栄養士免許を基礎に国家試験の合格が必要です。栄養士よりも高度かつ広範囲の業務を担い、より専門的な知識が必要とされる業務、特に個人の栄養状態・健康状態を評価判定し、適切な個人指導ができるようになるための学びを提供します。

食と栄養のスペシャリストを目指し、大学院への進学も可能。

卒業後、本学の人間栄養学研究科(大学院)に進学が可能です。知識・技術を高め、より専門性を深めた管理栄養士や、大学や企業などで活躍する教育者、研究者を目指せます。本大学院では、栄養教諭専修免許状も取得可能です。また、全国に先駆けて日本の最高水準の2つの国立研究所(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所および国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)と連携大学院の協定を締結し、質の高い研究環境を学生に提供することが可能となっています。

PAGE TOP