児童学部児童学科

在学生インタビュー

児童文化コース4年 島田七海さん

入学の決め手

聖徳を選んだ一番の決め手は、就職率など実績の高さです。そして、児童文化コースを選んだのは、造形や絵本、伝承あそびなど、子どもの文化を詳しく学ぶことで、ほかの人とはひと味違う保育者になれると思ったからです。また、遊びを学ぶことで子どもを理解し、地域活動に活かせることも魅力だと感じました。

印象に残っている授業

「児童文化演習」
児童館で、幅広い年代の子どもと関わることで、発達や個性の違いなど、子どもへの理解を深めることができました。また、子どもたちが遊びの中で、思いやりやルールの大切さなど、さまざまなことを学んでいることもわかり興味深かったです。


児童心理コース4年 高田栞菜さん

入学の決め手

何年も連続で保育士の採用数が全国1位ということに惹かれました。児童心理コースを選んだのは、保育所、幼稚園、小学校の免許状・資格を自由に選択して取得できること、そして、心理学まで幅広く学ぶことで今後さまざまな可能性に挑戦できると思ったからです。

印象に残っている授業

「障がい者支援施設への実習」
一人ひとり違う利用者さんとふれあうことで“個人差”についての理解が深まりました。また、今後進む道で出会うかもしれない障がいを持った子どもたちとの関わり方について考える機会になりました。


小学校教員養成コース2年 榊原真由子さん

入学の決め手

入学前、幼稚園教員か小学校教員のどちらの道に進むか迷っていたので、本コースに進んでも小学校教員以外のさまざまな免許も取得できる聖徳の教育システムに魅力を感じました。実際、現在では小学校教員と特別支援学校教員の免許状の取得を目指しています。

印象に残っている授業

「初等教育実習Ⅰ(附属小学校)」
主に、先生の仕事や子どもたちの様子を観察する実習ですが、最終日に模擬授業の場を設けていただきました。指導案作成や授業準備は深夜にまで及びましたが、子どもたちの反応を考えながら楽しんで進められました。


幼稚園教員養成コース4年 安田祥穂さん

入学の決め手

聖徳への入学の決め手は、実習が1年生の時からあることです。早い段階で保育の現場を知り、その現場をイメージしながら日々の授業を受けることで、授業の質が高まり、効率の良い学びにつながります。また、実際に子どもたちと関わることで、「絶対に素敵な先生になるぞ」という気持ちも強くなります。

印象に残っている授業

「3年次ゼミ」
私はゼミの中で地域の方々と連携を取りながら、企画や準備をし、地域の子どもたちや保護者の方々と美術を通した様々な活動を行いました。どの活動も学生の私自身も楽しめるものばかりで、人と人とを繋げる美術の持つ力を感じました。また、保育の中でも必要な環境設定や事前準備の大切さも学びました。


保育士養成コース4年 上野景子さん

入学の決め手

実習の回数が多く、さらに、ピアノや製作、身体表現などの授業も多いので、保育の現場に出た時にしっかりと子どもたちと向き合っていけると思い選びました。実際、さまざまな実践的な授業で、日々力がついていくのを実感します。何より実習に行った時、自分の実力に気づきました。

印象に残っている授業

「児童学の心理的基礎」
“子どもたちの一つひとつの反応に、本当はどのような思いが込められているのか”など、私たちが興味を持てるように、面白くわかりやすく説明してくださったことが印象に残っています。この知識は、これから現場に出た時も役立つと思います。


【夜間主】小学校教員養成コース4年 丸山幸乃さん

入学の決め手

昼間の時間を有効に使えて、先生と学生の距離が近い大学だと知り、夜間主を選びました。私は小学校教員を目指していますが、科目の組み合わせを工夫すれば、幼稚園教諭一種や特別支援学校教諭一種の免許状も取得することができます。私は2年次で保育士養成コースの科目も履修しました。夜間主は少人数のため授業が対話的で充実した学びを実感しています。

印象に残っている授業

「小学校教育実習」
3年次の秋の実習では、子どもたちの前で授業をする機会を得ました。緊張したものの、授業をすることが楽しく、教職の素晴らしさを実感しました。将来は、子どもたちに「おもしろい!」「やってみたい!」と思わせる授業ができるような教員になりたいと思いました。


ロングインタビュー
保育士養成コース中坂さん
インタビュー:奥村高明学部長

入学の理由

奥村学部長:どうして聖徳大学保育士養成コースに入学したのですか?

中坂さん:私は元々高校生の頃から公立保育士になりたいと考えていました。聖徳大学は公立保育士採用数が全国一位なので、それが理由の一つです。幼稚園教諭養成コースと保育士養成コース同じ免許とれるのですけれども、進路と専修科目が違います。私の周りは保育士の職場に就職する人が多いですね。4年で専門性を深める専修科目も保育や福祉関係です。みんなと一緒に学び合って、4年間、おかげで公立保育士の願いはかないました。

奥村学部長:聖徳大学に入って自分の夢を実現したかったのですね。

中坂さん:その他の理由は、オープンキャンパスに実際に来た時にスタッフの学生さんの対応です。対応が温かくて、本音で学生生活や学びについて話してくれました。そこから、ここで学べば自分を生かすことのできる実践力が身に付くと考え、受験することを決めました。児童学部はピアノや課題が厳しいと聞いていたんですが、学生スタッフからは、そこに意味があって実習に出た時などに役立つと言う事や、他にも折り紙や踊り、専門科目など細かく重点的に学ぶことで力をさらに身に着けることができるのだと言う事を聞きました。しかも「スタッフだからやっている」という風ではなく、「自分は今聖徳に入って楽しい、充実している」と言う気持ちが感じられました。

奥村学部長:児童学部のオープンキャンパスには学生スタッフが大勢いて、質問や相談に乗ってくれます。その学生の姿が決め手になったんですね。

学生生活

奥村学部長:学生生活についてお聞きます。まず、女子大に対する不安はありませんでしたか?

中坂さん:それまで共学だったんですけれども、特に気になりませんでした。高校に戻った時『女子大って仲悪かったりしますか?』と聞かれましたが、実際そういったことはないし、逆に実習や授業の悩みを共有したり、励ましあったりしてよいですね。正直言うと……実践力育成の聖徳ですから、いろいろな課題を提出することは大変です。また、実習指導でもマナーや実習録の書き方など厳しく指導されます。でも、外の実習に出てみると、他の大学よりも礼儀正しく、様々な点に配慮しながら実習できる自分を発見しました。小笠原流礼法基礎講座などの聖徳教育も役に立っています。

奥村学部長:聖徳大学の女性教育で実践力がついたんですね。クラス制度はどうですか?

中坂さん:入学当時は正直「大学でもクラス制度なのか」とは思ったのですけれども、授業のグループ発表なども協力して行うことができますし、ピアノの試験前の練習などでも同じ授業を受けているからこそ「この前ここ注意されていたよね。こうしたらどうかな」と学び合うことができますね。四年間共に学んできているという意識は志の実現で「強み」になると思います。また、愚痴を言いたくなるときにも、友達で支えあっていましたね(笑)。クラス制でほぼみんなと一緒にいるので実情もわかりながら励まし合えました。

奥村学部長:クラス制は4年間の成長に役に立つという事ですね。海外研修も聖徳大学の特徴の一つですが、どうでした?

中坂さん:初めて海外に行くので不安でしたが、外国の幼稚園や小学校を見学して文化の違いを比べてみたり、教育・保育の面で学びになるのはもちろんのこと、博物館や美術館に行ったりして異国の文化に触れて自分の考えにも変化が生まれたのでいい経験になったと思います。教育に関しては日本よりもさらに子どもの自主性を伸ばしたり主体性を大事にしたりしているので、遊びの選定方法や園内の環境設定の工夫など別の視点のアイデアを得ることができたと思います。

奥村学部長:他に学生生活について教えてください。

中坂さん:私は学業・アルバイトのほかにオープンキャンパスのスタッフに所属したり、サークル活動も行ったりしました。忙しかったり大変な時期もあったりしたのですが、やはり自分で「趣味も学業も両立したい!」という意思を持っていたので、続けてこれたのかなと思います。自分の周りも、強い意志を持っている人が多くいました。大学に入学して四年間続けていくにははっきり意志が必要です。そうでないと学びでも実践でも継続が難しいと思います。

奥村学部長:奨学金に関してはどうですか?

中坂さん:はい、私は日本学生機構の奨学金を借りていますが、基本的な条件と書類審査をクリアすれば入ることができました。私の周りは結構多いですね。奨学金は様々用意されていて、給付のものと貸与と分かれますが、自分の学費は自分で借りて返すという考えの人が結構います。

就職

奥村学部長:就職に関して不安とかはありませんでしたか?最近「認定こども園」が増えているけれども?

中坂さん:そうですね、私たちが就職活動を行っている今、そして実習を行っている中でも認定こども園は徐々に増えていることを感じます。でも聖徳大学では、いろいろなプログラムが用意されているので、安心感が得られました。例えば、校内の実習オリエンテーションの中で「認定こども園」についての解説があります。それに、ほとんどの学生が幼稚園教諭と保育士の免許を取得するので、その点でも心配ありません。何より就職活動は、先生や事務の方々からたくさんサポートしてもらえます。公立保育士試験についても特別講座が定期的に開かれています。それに、4年間のカリキュラムそのものが力になります。公立保育士試験の専門科目は1、2年生の勉強を復習すれば困ることはありませんでした。一般教養試験は校内で行われた集中講義を利用してクリアできました。

奥村学部長:就職サポートやカリキュラムがしっかりしているんですね。取得した免許はなんですか?

中坂さん:保育士・幼稚園教諭・特別支援学校教諭の3つです。特別支援学校教諭免許は「さまざまな子どものニーズにこたえられるようになりたい」という志からです。他の人よりも授業数も多くなるので忙しいと感じることもありましたが、先日特別支援学校の小学部に教育実習に行って、学んできたことを児童とのかかわりや研究授業で実践したり、現場の先生方を観察したりして学びを得られたことで、改めて受講してよかったと感じました。

学習

奥村学部長:その他の学びについて教えてください。

中坂さん:私のゼミは松戸市の地域やその子どもたちと共に芸術活動を行う機会が多くて、地域の資源を使用した屋外・屋内で行う芸術活動の経験が得られました。準備から行うので、どうイベントを運営するかについても知ることができました。就職活動を行う際にも、「どのような保育を行いたいか」ということがよく聞かれるのですが、ゼミ活動での経験から将来へ考えを繋げていくことも行ったりしました。

奥村学部長:表現発表会とかどうでした?

中坂さん:クラスで創作舞踊を発表する表現発表会ですね。あれは、取り組み期間も長く厳しいのでクラスの中で意見のぶつかり合いもあって大変でした。でも終わった後はクラス皆で「よかったね」となりました(笑)。今思えば、チームワークで一つの作品を作り上げる経験ですとか、係の仕事もあるので責任を果たすという経験が得られます。また、「感じたものや対象物を表現する」「舞踊を創作する際に踊りやすい振付の方法」「振付のパターンの引き出しを増やす」という経験になります。振付の覚えも早くなって、実習でも子どもから見た方向で踊れる効果もありますよ。

奥村学部長:聖徳大学児童学部の学生は得意なものがたくさんあるんですね。他には?

中坂さん:実習などでよく「聖徳の学生さんなんですね」と声かけられます。聖徳大学はやはり一目置かれていると思います。その次には「ピアノ得意?」とも聞かれますが(笑)。もちろん、課題で童謡や季節の歌を弾くときに役立っています。ピアノを学生のうちに練習しておいて損はないですね。

奥村学部長:ありがとうございます。実践力と人間性、そして専門性が、聖徳大学児童学部の特徴だということがよくわかりました。

PAGE TOP