短期大学部 総合文化学科

フード・調理 ブランチ

フード・調理ブランチでは

  • フードスペシャリストに必要な知識を学び、受験資格を取得することができます。
    (フードスペシャリストは食に関する幅広い知識を持ち、安全な「食」を提供できる専門職)
  • 調理実習により、調理技術を身につけます。
  • 食事を文化・色彩・コ-ディネ-トなど、多方面から見ることができ、専門性を深めます。

授業内容

授業風景

調理実習では2年間で、基礎料理から西洋・中華料理、集団給食調理の技術・知識を学びます。


  • 調理実習Ⅵ(集団給食実習)

  • COC活動での食品開発・試作

  • 松戸南部市場見学(官能評価・鑑別論)

主な専門教育科目

1年次

フードスペシャリスト論
調理実習Ⅰ-Ⅱ
調理学
食文化論
食品衛生学
健康と栄養
食品学
調味料演習
公衆衛生学

2年次

フードコーディネート論
官能評価・鑑別論
食品加工実習
食文化調査演習
献立論
調理実習Ⅲ~Ⅵ
食品流通論

身につく技術・経験

健康の基本は「食」から始まります 。栄養バランスを考え、食をコーディネ-トする力が身につき、食品の生産から流通まで知ることができます。


  • あじさいねぎ植え付け

  • 100日後の収穫

進路


40人分作った松花堂弁当

卒業生進路

学んできた知識を生かした食品関係の総合職や食品開発、食品会社、クッキングスタジオ助手、食品製造・販売、進学(栄養士免許取得)など

ブランチ・トピックス


ひとくちマフィン展示販売の様子

聖徳祭での活動

COC(社会貢献活動の授業)で、松戸市小金の街づくりへの貢献として、小金の特産ネギを使ったひとくちマフィンの制作を企画。
聖徳祭と「東漸寺ぶらり市」において販売し、好評を博しました。

PAGE TOP